史上初!イギリスのエリザベス女王がファッションウィーク観覧

現在、英ロンドンにて開催されているファッションウィークに英エリザベス女王が観覧しに訪れ話題となっています。エリザベス女王がファッションウィークを訪れるのは史上初のこと。淡い緑青色のドレスとジャケットを身にまとった女王。女王がくることに対しての事前告知はなかったため、会場は一時騒然となりました。

人生で初めてのランウェイ見学をする女王の席はもちろん最前列。横には、有名ファッション雑誌「VOGUE」の編集長アナ・ウィンターも座り、時折二人で談笑する様子も見られたと言います。そんなエリザベス女王が観覧したコレクションは、若手イギリス人デザイナー「リチャード・クイン」が手がける2018年の秋冬コレクションで、彼は今回より新しく作られた賞「クイーン・エリザベス・2世・ブリティッシュ・デザイン・アワード」の受賞者でもあります。

この「クイーン・エリザベス・2世・ブリティッシュ・デザイン・アワード」は名前の通りエリザベス女王の名前からきており、女王の初観覧も、この賞の記念トロフィーをクイン氏に直接手渡すためだったとか。ファッション界の社会や外交に対する貢献を讃えるために作られたこちらの賞。クイン氏の今回の受賞に対し、「イギリスファッション界の資産」だと述べられたエリザベス女王。ショーの終盤には「わが国のファッション界は最先端かつ実際的なデザインを生み続けている」とも話されました。

いつまでも変わらず上品で気品あふれるエリザベス女王ですが、なんと御年91歳。ヒールを履き、支えなしで歩き回る姿に驚きを隠せません。人生初のランウェイを観覧されただけではなく、イギリス人デザイナーたちの展覧会にも足を運ばれたエリザベス女王。ファッションウィークを存分に満喫されたようですね。