急死のアヴィーチー スウェーデンで追悼イベントが開催

オマーンの首都マスカットで20日、遺体となって発見されたスウェーデンのDJアヴィーチー。この事実は現在、最も世界中を騒がせている音楽ニュースと言っても過言ではありません。あまりに早すぎて、あまりに突然の彼の死に世界中のファンが驚き言葉を失い悲しみに打ちひしがれています。世界で最も大きな成功を納めたDJであるアヴィーチー。21日にスェーデンのストックホルムにあるセルゲイ広場で追悼イベントが開催されました。

21日のイベントは同じくスウェーデンのDJであるティム・バーリリンとスウェディッシュ・ハウス・マフィアが共に企画したものです。広場には数千人のファンが集まりアヴィーチーの音楽を楽しみました。

アヴィーチーの死因については家族の要請に応じて明らかにされていませんが、膵炎を患い健康状態が良くなかったことや、あまりに多忙な生活に精神的な健康が損なわれていた可能性が知られています。

またアメリカのネットニュースにはアヴィーチーに関する知られていなかった25の事実、というトピックで彼が亡くなったその日に記事を配信。その中には「アヴィーチーは幽霊は信じていなかったが宇宙人の存在は信じていた」「正規の仕事は一度もしたことがない」「いつも帽子を被っているのはいつもステージの後に髪の毛がすごいことになっていたのでそれを防ぐためだった」「あまり認めたくないがゴシップ雑誌が好き」「人の前で話すのが未だに怖い」「自分は4人兄弟である」などアヴィーチーの秘密が公開されています。

アヴィーチーは日本でも若者を中心に人気を集めており、彼の急死を受けて多くのファンがショックを隠しきれない様子です。アヴィーチーはEDMとカントリーミュジックを融合させた最初のDJで彼の才能は音楽関係者の中でも認められており、本当に格別の才能を持った音楽家の一人でした。

世界中がまだ彼の突然の死を受け入れられずにいるようです。