中国のガッキー ロン・モンロウが日本のCMに初出演!

新垣結衣に激似の中国のロン・モンロウがこの度日本でCMデビューすることが分かりました。出演するのは4月24日にグランドオープンを控えているホテル東急ステイ札幌の新CM。一体どんなCMに仕上がったのか?そもそもロン・モンロウとはどんな人物なのか?今回は掘り下げてみたいと思います。

ロン・モンロウは中国湖南省出身の22歳のモデル・歌手です。2014年12月から2015年3月まで放送された中国の未来のスターを発掘する「来吧!灰姑娘」(おいでよ!シンデレラ)という番組で見事グランプリに輝いたことをきっかけに芸能界に進出しました。ちなみにこの番組の審査員の一人として中国絶世の美女と言われるアンジェラベイビーの夫であるフアン・シャオミンも出演していました。

ロン・モンロウは中国の少数民族の一つであるトゥチャ族の出身。トゥチャ族の人口は約800万人で、言語もトゥチャ語を使って生活をしています。ロン・モンロウは「来吧!灰姑娘」(おいでよ!シンデレラ)の番組内でカゴを背負って川で洗濯をしている姿で登場。彼女の暮らす村は深い山奥で都会のきらびやかな生活とは程遠い印象です。こんな美少女がそんな昔のような生活の中に埋もれていた、まさに「シンデレラ」ではないかと審査員や会場の心を一気に掴んだようですね。

CMではロン・モンロウが北海道で動物園や北海道グルメなどを楽しむ姿やホテルでのんびりとくつろぐ表情などが映し出されています。また、ロン・モンロウと一緒に札幌の観光地を回っているような気分を味わえる作りになっているそうです。

中国では「国民の妻」と呼ばれ人気を博しているロン・モンロウ。日本での人気もじわじわと出始めています。今後は日本と中国を往復する生活になるのでしょうか。気になる人はCMもチェックです。