イギリスのキャサリン妃が出産間近!入院準備もバッチリ

イギリス王室のキャサリン妃の第3子の出産が間近となっています。出産予定日は4月23日。すでに出産に臨むロンドン市内にあるセント・メアリー病院の特別病棟「リンド・ウィング」の玄関口にはすでに出産に向けてバリアが張られており熱狂的な王室ファンがテントを張って第3子の誕生を今か今かと待ち構えています。

キャサリン妃はいつでも入院ができるように入院の準備が整ったバッグを用意しているんだとか。中にはキャサリン妃お気に入りのアロマセラピーのキャンドルや保湿液、本、家族の写真、ジョージ王子とシャーロット王妃のお気に入りのおもちゃなどが入っているそうです。生まれてくる赤ちゃんのためにおもちゃをあげるなんで優しいお兄ちゃんとお姉ちゃんですね。

キャサリン妃とウィリアム王子はセント・アンドルーズ大学の在学中に出会いました。大学内で開かれたファッションショーにモデルとして出演していたキャサリンにウィリアム王子が一目惚れ。二人は他の友人も交えたルームメイトだったため親交を深めていき交際が始まりました。

二人の交際が世間に明らかになったのは2004年ごろ。ウィンザー家毎年恒例のスキー旅行にキャサリン妃が同行したことで二人の交際が公になりました。2007年には二人の破局報道が出ます。結婚に関する価値観の違いと、中流階級であるキャサリン妃と王子の階級の差が原因だと言われましたが真偽のほどは定かではありません。その後2010年二人は最終的にケニアで婚約を交わします。キャサリン妃にはダイアナ元妃の婚約指輪が送られ二人の婚約は王室より正式に公表されました。

第3子の性別はまだ発表されていません。果たして女の子でしょうか?男の子でしょうか?予定日まで間近なのでいつ出産報道がなされてもおかしくありません。世界中のファンが今か今かとその報道を待ち構えています。