ヒューイ・ルイスが聴覚を失いツアーを全面キャンセル

アメリカのロック歌手ヒューイ・ルイスが衝撃的な告白をしてファンを驚かせています。なんと彼は2ヶ月半前ほどから耳が全く聞こえなくなり今後予定されていたツアーを全面キャンセルせざるを得なくなってしまったというのです。

ヒューイ・ルイスはアメリカニューヨーク出身の歌手です。ソロでも活動していますがヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのリーダーであり、ボーカリストでもあります。また歌手としてだけでなく俳優としても活躍しており、映画「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」に出演したりミュージカル「シカゴ」に出演したりと幅広く活動しています。

ヒューイ・ルイスは自身のツイッターで「2ヶ月半くらい前、ちょうどダラス公演の前に僕は両耳の聴力をほとんど失ってしまったんだ。一つ一つゆっくりと喋ってもらったり、電話だとなんとか聞こえるんだけれど、音楽がよく聞こえないから合わせて歌うことが難しいんだ」と語りました。そして今後のチケットをすでに購入しているファンに対して深く謝罪し「再びみなさんに会える日を夢見て僕は治療に専念したいと思います」と結びました。

ヒューイ・ルイスは医師にメニエール病を指摘されたこともあったそうです。メニエール病とはめまいを伴う耳の病気で時に難聴も引き起こします。一般的にストレスや疲労が原因とされていますが、メニエール病が発症する原因についてはまだ解明されていません。

海外セレブの中でもエリック・クラプトンやQueenのドラマーのロジャー・テイラーなどが突発性難聴を発症しています。日本でも浜崎あゆみや堂本剛も突発性難聴を公表していますね。やはりミュージシャンは大音量の音楽が流れる空間に長くいたりと耳を酷使する場面が多いからなのでしょうか。耳に関する病気の発症率が多い職業であると言えるかもしれません。