FIFAが日本人MF人気投票を実施!1位に輝いたのはあの選手!

いよいよロシアW杯開幕まで1ヶ月を切りましたね。このほど国際サッカー連盟ことFIFAが日本人MFの人気投票をW杯の公式ツイッターで行いました。対象はW杯出場経験のある日本人MF小野伸二選手、中田英寿氏、本田圭佑選手、遠藤保仁選手の4人。FIFA が自身の公式ツイッターで「誰があなたのお気に入りですか?」とサッカーファンに問いかけました。1位に輝いたのはパチューカの本田圭佑選手。24時間以内に集まった23614票のうち得票率50%を獲得し見事1位に選ばれました。

本田圭佑選手がイタリアのACミランからパチューカに移籍したのは2017年の夏でした。入団当時は怪我の影響もあり試合に出場できず。メキシコのメディアは「本田圭佑選手のパチューカでのサッカー生活のスタートは少々ほろ苦いものになった」という手厳しい評価をしていました。

スタートこそ調子が出なかったものの本田圭佑選手は複数のポジションをこなし監督やチームメイトに存在感をアピール。ゴールを決めるなど結果をきっちり残し最終的にはパチューカのディエゴ・アロンソ監督が「本田は試合の回を重ねるごとに良くなっている。これからはより一層、彼の潜在能力を示してくれるだろうし、彼ならそれができると信じている」と語るまでになりました。2018年に入ってからは後期リーグで7得点をあげるなど絶好調の活躍を見せています。

FIFAが公式に行った今回のアンケート。2位は得票率30%で中田英寿氏、3位は得票率13%で遠藤保仁選手、4位は得票率4%で小野伸二選手となりました。

今回第1位に選ばれた本田圭佑選手は自身の集大成とされるロシアW杯で多くのサッカーファンの期待に応えることができるのでしょうか?31歳の本田圭佑選手は新体制の日本代表チームの中でどのように存在感をアピールできるのか期待が高まっています。