イタリアで一人で子育て!平愛梨が寂しさを自身のブログで吐露

2018年1月31日に7年間所属したセリエAインテルミラノを離れトルコ1部リーグガラタサライへの移籍を発表したサッカー長友佑都選手。ガラタサライのトルコリーグ首位浮上に大きく貢献するなど移籍から1ヶ月ほどですが、トルコでも大活躍をしています。長友佑都選手は2月5日に長男が誕生したばかり。妻の平愛梨はイタリアで現在育児に奮闘中。今回自身のブログで離れて暮らす夫への思いを綴りました。

平愛梨は1月12日に夫である長友佑都選手に妊娠をサプライズ報告したことをブログで公開。医者の絵が書いてある付箋に「あなたの奥さん多分妊娠してますよ」と書いてそれを貼り付けておくというサプライズ演出で長友佑都選手をびっくりさせました。その日のブログでは「子どもが私たちを選んでくれたこと。精一杯の責任感を持って過ごさなきゃ!」と喜びを語っています。

現在、平愛梨と長友佑都選手は別居婚状態。異国の地で2月5日に生まれたばかりの子どもを育てるのは心細い部分もあるようで、24日に更新した平愛梨のツイッターには「『女の家って書いて嫁。主人のいない家を守らなきゃ・・・サムライの妻でしょ。ファイトファイト』と母が私に言った言葉。離れてる寂しさは埋められない。でも会える!ということを目標にすると身も心も変えれるのかもしれない」と綴りました。

ネット上では平愛梨を絶賛する声が続々と。異国イタリアで一人で子育てしながらトルコで頑張る夫を支える彼女に応援メッセージが多く寄せられています。イタリアでの子育ては何をするにもイタリア語で書かれているので苦労もあるでしょう。夫の応援にルコに行こうとしても生まれたばかりの息子を飛行機に乗せて連れて行くことは難しいです。

長友佑都選手には生まれたばかりの子どもと妻のためにトルコでさらに活躍してほしいですね。