ジャスティン・ビーバーの元カノが映画祭に超セクシードレスで登場!

フランス南部の都市カンヌで1946年からフランス政府主催で行われている世界で最も有名な国際映画祭の一つである「カンヌ国際映画祭」。2018年の今年も「第71回カンヌ国際映画祭」が8日に開幕され、ノミネートされた作品や招待された世界中のセレブのドレスや立ち振る舞いに注目が集まっています。

そんなカンヌ国際映画祭で露出度の高いドレスで注目を集めたのが、ジャスティン・ビーバーの元カノとして知られる女優のシャンテル・ジェフリーズ。彼女は上半身がほとんど裸の超セクシードレスで登場。現場にいたカメラマン達がひときわ熱い視線を送っていたということです。

シャンテル・ジェフリーズって誰?と思ったそこのあなた。彼女はアメリカの24歳の女優。2016年のコメディ映画「ザ・パーフェクトマッチ」などに出演しています。「CeeJay The Dj」の名前でDJ活動もしていますね。

彼女が有名になったのは皮肉にもジャスティン・ビーバーが飲酒運転容疑で逮捕された時。その車に同乗していたのがシャンテル・ジェフリーズだったのです。シャンテル・ジェフリーズには「女性をナイフで刺した」「5度も逮捕されたことがある」など悪い噂ばかり。シャンテル・ジェフリーズとジャスティンの交際は偽報道、との噂も一時期ありましたが二人がパナマでイチャイチャする様子もパパラッチされており、交際していた事実は間違いないようです。

ジャスティンの交際相手ということで注目が集まり、シャンテル・ジェフリーズのYouTubeチャンネルの登録者はは90万人を超えました。今回のカンヌ国際映画祭のレッドカーペットでも「美しくて魅力的だが恋人にするのは危険な女」と注目されつつも恐れられているようですね。

また今回のカンヌ国際映画祭ではハリウッドで問題となっている「♯Me too」運動に関するセレブの発言もニュースになっています。オーストラリアの女優で今回映画祭の審査委員長を務めるケイト・ブランシェットも「大きな変化が起きるには具体的なアクションが必要である」とジェンダー問題の解決には時間がかかるといった考えを述べました。

これからどんなセレブのファッションが楽しめるのでしょうか。映画祭の結果は19日に発表されます。