イタリア人のファッションとメイク事情!おしゃれは足元から!

イタリア在住です。イタリアと言えば、世界的にも有名なブランドが数多く生まれた国であり、おしゃれなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。私は日本で生まれ育ち、アメリカ、イタリア、イギリスで生活したことがあります。その中でもイタリアは断トツおしゃれだと思っています。ここでは、イタリアのファッションスタイルやメイクについて紹介します。

性格・年齢に関係なくおしゃれを楽しむ

 おしゃれはTPOに合わせて足元から

「おしゃれは足元から」とよく言われますよね。その言葉の通り、イタリア人は男女問わず、靴へのこだわりが強いです。靴はファッションの土台であり、ファッションの基本であると考えているからです。そして、常にトータルコーディネートを忘れません。
例えば、2泊3日の旅行であったとしても、靴は最低二足持って行きます。一足は動くことを重視した靴、もう一足はレストランでも恥ずかしくないような、男性なら革靴、女性ならヒール靴です。
もちろん、靴の見た目にもこだわりがあります。皮の質やデザイン、メーカーなどは人それぞれにこだわりがあり、特に働くビジネスマン等はオーダーメイドする人もたくさんいます。イタリアにはどこの街でも小売店の靴屋やオーダーメイドの靴屋が点在しているのです。

 赤ちゃんの時から靴を履く

イタリア人の靴へのこだわりは赤ちゃん時代から始まります。日本では、赤ちゃんがつかまり立ちをしたり、歩き始めてからファーストシューズという靴を履かせたりということが多いですよね。それまでは靴下を履かせて済ますのではないでしょうか。
その一方で、イタリアでは赤ちゃんが歩き出す前から靴を吐かせることが一般的です。まだ歩かない新生児の時から、柔らかい小さな靴を履かせるのです。デザインも赤ちゃんらしいものから、大人顔負けのおしゃれな靴までさまざまです。
赤ちゃんが歩き出したらこだわりが強くなります。子供は成長が早く、足のサイズがすぐに変わっていきますよね。イタリアでは、子供にこそ成長のために正しい靴を選ぶという思いが強いのです。サイズはもちろん、素材や柔らかさにもこだわります。そのため、日本よりも値段の高い子供の靴がたくさんあります。

イタリア人シェフと結婚した主婦がおくるイタリアの「食」シリーズ③~食事のマナーと時間の感覚

2017.10.18

男性の王道スタイル

 パリッと着こなす

イタリア人男性の王道スタイルと言えば、パリッとしたシャツをデニムに入れ、革靴を履き、サングラスをかけた姿ではないでしょうか。シンプルですが、靴に始まりシャツやデニムにもとてもこだわりがあります。

 アイロンがけが女性の仕事

家庭によって違いはありますが、多くのイタリア人は洗濯にもこだわります。ヨーロッパの洗濯機は水温の調節が効くため、素材ごとに、水温を分けて選択します。その中でも白いものは白いものだけでさらに分けて選択するため、とにかく手間がかかります。もちろん、イタリアの洗濯機の表示ボタンには種類がたくさんあります。
そして、日本でも知られていることですがイタリア人は何にでもアイロンをかけます。シャツはもちろん、デニムや下着、靴下や布団カバー、シーツに至るまでパリッとしている状態を好みます。アイロンがけの仕事は大体女性が受け持ちます。

私の夫はイタリア人ですが、夫の母親も全てにアイロンがけをしています。我が家は、洗濯ものは確かに分けて行いますが、アイロンがけは最低限しかしません。もしも夫が必要とするならば、自分でやってもらうつもりです。日本人の私には、下着や靴下にまでアイロンをかけるなんて信じられないことです。

オーストラリア人男性の考え方と日本人女性が気をつけるべきこと

2017.11.03

女性のメイク事情

 ナチュラルメイクが濃い

もともとイタリア人は顔の作りが濃いうことで知られていますが、そんなイタリア人女性が化粧をすると、特に目元を強調するアイメイクが濃いです。太く黒いアイライナーでしっかりと目を強調します。太いアイライナーに人気が集まっています。
日本はファンデーションなどを丁寧にぬり、まるで化粧をしていないかのように見せるようなナチュラルメイクが一般的ですが、イタリアにはそんな言葉は存在しません。

 おばあちゃんもおしゃれ

イタリア人女性は、年配になってもメイクを忘れません。ファッションもしっかり気にかけます。夫の祖母は93歳ですが、家族で集まるイベントがある時には絶対にメイクをしています。私自身はメイクをしなければいけないと思いつつ、日々面倒くさいという思いに駆られていますが・・・

まるで別世界!モンゴル旅行のおすすめポイントを紹介!

2018.01.02

私もうっかりしていられない!

イタリア人は、老若男女、身だしなみに気を配る人がとても多く、清潔感を重視しているということがわかります。少々極端すぎると思うこともありますが、身だしなみを常に気をつけるということ自体は素敵ですよね。
私はついつい日本の感覚で行動してしまいがちですが、夫の家族に倣い、常におしゃれの意識は忘れないようにしたいと思っています。

日本の大学とアメリカの大学の授業の違い

2017.06.12