イタリア人シェフと結婚した主婦がおくるイタリアの「食」シリーズ③~食事のマナーと時間の感覚

イタリアと聞くと、美食の国というイメージを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ピザやパスタ、ワインなど、おいしそうな食材がたくさんありますよね。そのような食材をいただきにイタリアに行ったことがあるという人もいるかと思います。しかし、いざイタリアに行くと、日本のレストランとは違った習慣に驚いたことがある人もいるのではないでしょうか。ここでは私がイタリア人の夫と結婚しローマで暮らして分かったレストランのマナーの違いについて紹介します。

食事の時間

 食事の時間が遅い

日本で夕食をとるというと、大体何時ごろを想像するでしょうか。おそらく多くの人は5時から7時くらいが夕食の時間だと思っているのではないかと思います。夕食をレストランで食べようとすれば、7時あたりが1番混み始める時間ですよね。
それに対し、イタリアの場合は時間がさらに遅くなります。ランチは1時から2時ですし、ディナーは大体8時ごろから始まります。日本の場合、「健康のためには8時までに夕食を終えましょう」などと言われますが、イタリアではその時間から夕食が始まるのです。

 レストランの開店時間

そのため、レストランの開店時間も遅くなります。日本のように朝から晩まで開いているというレストランは少なく、大体夜の7時半ごろから開店し、8時半から9時が1番混み合う時間帯になります。たまに、イタリア人はゆっくりとおしゃべりをしながら夕食を食べるため、とにかく食事に時間がかかります。ワインを楽しみ、コース料理を食べ、デザートまで食べますから、レストラン自体も12時過ぎても空いていることが多いです。

そのため、日本人がイタリアのレストランに行くと、夕食を食べる時に困ってしまうという問題を抱えてしまうことがあります。日本と同じ感覚で6時ごろにレストランに出かけるとレストランが空いていないため、「閉店のお店が多い」と勘違いしてしまうこともあります。また、お腹が空いてもレストランが遅くまで開店しないため、それまでどうしようかと悩んでしまうこともあるのです。

訪日外国人との食事の際は注意が必要!意外に大変なベジタリアンへの対応

2017.04.29

レストランのマナー

 イタリア人にとってのピザ

日本人がピザを食べる時、さっと切り分けたら手でつかんで食べるのではないでしょうか。ファーストフードのようなイメージが強いですよね。しかしイタリアでは違います。
ピザといっても、街中で軽いランチや食べ歩き用の切り売りピザもあれば、ピザのレストランであるピッツェリアもあります。ピザといっても一言では言い切れないような様々な種類があるのです。

 ピザを注文するときのマナー

日本人がピザを注文する場合、1枚を頼んで複数人数で分けるということが一般的かと思います。しかし、イタリアのレストランでピザを注文する時は、1人1枚注文することがマナーです。
さらに、ピザがテーブルに来たら、丸い大きなピザをナイフとフォークで一口サイズに切りながら食べるという食べ方が一般的です。ピザ1枚をみんなでシェアするという感覚はありません。イタリアのピザは大きいですが、生地が薄いため、女性1人でも充分食べられます。

もちろん、手で食べてはいけないというわけではありません。しかし、イタリア人はピザをナイフとフォークで食べるということを大人のマナーとして捉えているため、もしも手づかみでピザを食べている人がいたら、それは外国人だと思われる可能性が高いです。それほど、イタリア人はピザを手づかみでは食べないのです。

リリーの英語勉強法②~初心者でもできるリスニングテクニック3選!

2017.06.18

レストランの特徴

 ウェイターの失敗にも笑顔で対応

日本のレストランで、もしもウェイターがお皿やグラスを落として割ってしまったとしましょう。お客さんはシーンとしてしまい、ウェイターは気まずそうに謝罪をするのではないでしょうか。

私も最初は驚いたのですが、イタリアでウェイターがお皿やグラスを割ってしまった場合、なぜかお客さんが拍手喝采をしたり、口笛を吹いたりしてその場を盛り上げようとします。消してからかっているというわけではありません。「気にするな」「そういう事はあるよ」という励ましの意味や、古いものが壊れて新しいものが来るという縁起担ぎのような意味があるのです。

 ウェイターと仲良くなることが大切

イタリアでレストランに行った時、大切な事は自分の席を担当するウェイターやオーナーと仲良くなることです。イタリア人は基本的におしゃべり付きで、サービス精神が旺盛です。そのため、すぐに仲良くなることができますし、実際に仲良くなると気前よく接してもらうことができます。
これは私の経験ですが、初めて行ったお店であってもその料理のオススメを聞いたり、食事中にたくさん話をしたり、最後に「おいしかった、ありがとう」とアピールをすると、まず確実にデザートや食後酒をおまけしてくれます。場合によってはお会計から割引をしてくれる太っ腹なオーナーに出会えることもあります。

ちなみにレストランでのチップですが、チップは基本的には自由です。格式の高いレストランでは、サービス業として最初から会計に組み込まれていることもありますが、基本的にはそれなりに良いサービスだった場合、気持ちをテーブルに置いて行きます。満足したピッツェリアなどでは、1、2ユーロでも良いのでチップを置いていきましょう。カフェやバーではチップは必要ありません。もちろん、チップを置いて行っても問題はありません。

日本自慢!カナダに住んで気づいた日本の良さ!

2017.11.13

食事の時間の流れを楽しもう

イタリアには「美味しいものを食べたければ待ちなさい」という諺があり、実際にレストランで食事を頼むと、出てくるまでにとても時間がかかります。しかし、その時間をイライラしながら待つのではなく、おしゃべりとワインで楽しみながら待つのがイタリア風です。

イタリアに来た日本人は、レストランの開店時間の違いからイラついてしまうことが多いのです。しかし、イタリアはそういう国だと思い、日本とは少し遅い時間にレストランを訪れ、ワインを楽しみながらゆっくりとした食事時間を過ごしてみても良いのではないでしょうか。

中国の居留許可証を取る手続きは複雑~外国人体格審査、臨時宿泊登記、労働許可証・・・

2017.07.16