鋳物工場の現場で分かった外国人と働くコツ~日本語を教えてあげよう!

私が知人の薦めでこの鋳物工場に来たのがちょうど5年前になります。従業員は約20名、私以外は外国人でブラジル人、ペルー人、中国人がほとんどです。本日はそんな私が日々感じている外国人と働くコツについてご紹介したいと思います。

私の職場の外国人

私の職場にいるブラジル人、ペルー人は日系人なので、ほとんどの人がある程度の日本語を理解できます。一方、中国人はほとんどが日本語を話せません。そんな職場ですが、みんな声が大きく、明るく社交的な人が多いです。ほとんどが会社に併設されたプレハブに住みながら働いており、真面目に働いています。

 出稼ぎに来る中国人

ブラジル人やペルー人は比較的日本に長期滞在していますが、中国人は3年たつと働いたお金を手に中国に帰る傾向があります。そして、また新たに中国人が入ってきます。聞いた話ですが、おおよそ300万円ぐらい貯まったら中国へ帰るようです。300万円あれば、中国でそれなりの裕福な生活ができるそうです。

インバウンドビジネスを成功させる1つのパターンとは?

2017.06.19

外国人とのコミュニケーション

外国人の同僚が、「おはよう」、「お疲れ様でした」、「ありがとう」さえ話すことができれば、表面的なコミュニケーションは取ることができます。私は外国人と仲良くなる方法として、日本語を教えながら仲良くなるようにしています。

 人間関係が良い職場はストレスフリー

中国人は日本語が苦手な人が多いこともあり、中国人同士でコミュニケーションをとることが多いです。もちろん、だからといってブラジルやペルー人とトラブルを起こすことは全くありません。それぞれの国同士で尊重して人間関係を上手くやっていると思います。
私はどこの国の人でも、そつなくコミュニケーションがとれるので、殆んど外国人との人間関係においてストレスなくやっていけます。それは、やはり日本語を教えながら、コミュニケーションをしっかりとっているからかもしれません。

観光立国を目指して(後編)~海外へ向けたPRが必要

2017.06.17

仕事内容と外国人の特徴

仕事内容は工場で鋳物のバリをグラインダー(砥石研削機)で削る簡単な作業です。その後納品された鋳物は加工され機械部品になります。毎日夜8時ぐらいまでは働きます。

 工場での仕事はやっぱり重労働

私は比較的小さい鋳物を担当していますが、他の外国人は大きな鋳物を担当しています。重さが大体3キロから10キロ位の鋳物のバリを取りますので、大変重労働になります。完成した部品はパレットに入れられてリフトで運びます。リフトの運転はブラジル人がやってくれます。私は運転できませんが、頼めば気さくにやってくれて助かっています。

1日中立ちっぱなしの作業なので、指がかなり痛くなりますが、慣れれば痛みも緩和されます。私はこの仕事のおかげで指が太くなりました。やはり仕事はきついので、外国人は腰を痛めたり、嫌になって諦めたり、すぐに辞める人が多く入れ替わりは激しいです。

 離職や休暇はやっぱり多い

ブラジル人やペルー人は仕事を休む理由が、日本人とは異なります。本人が病気なら分かるのですけど、子供が病気だからとか、日本の中小企業では休むことができないだろう理由で休んだり早退したりします。また、日本人よりは欠席が多いですね。

あと、すぐに仕事を辞めた人でも月末になると会社に給料を取りに来ます。その場で、今どこで働いているのって聞くと隣の工場で派遣社員として働いていたり、働いていない人もいたりします。家族もいるのに一体仕事もせずによく日本で暮らしていけるなぁと思うこともあります。この職場にいるといかに日本人が仕事に対してちゃんと取り組んでいるかがわかります。

 給与の前借りをする人もいる

外国人の中には、お金を持っていない人もいるので社長から前借りしている人もいます。社長は外国人の従業員には面倒見がいいですね。それも外国人社員と上手く付き合う方法なのかもしれません。

 私の職場をどうやってみつけるの?

外国人社員のなかには故郷へ一旦帰国して、またこの職場へ戻ってくる人もいます。私の会社はハローワークに求人を出してないので、ほとんどがこの職場で働いている人の紹介です。だから以前の社員の親子、兄弟、親戚、友人等が多いです。日本人はなかなか入って来ないですね。

私は気づいたら5年も経っていました。時給は良くないですがノルマやストレスがなく外国人と人間関係でトラブルもなくやっていけます。私の職場の外国人は、気さくで親切な人ばかりなので、私にとってこの職場は居心地がいいですね。

外国人の仕事の価値観 ~ 社訓を大声で繰り返し言う必要ありますか?

2017.05.17

昼食は、わいわい、がやがや

昼食は、会社で弁当を注文する人もいれば、家から弁当を持ってくる人もいます。食堂で皆で一緒に食べます。私以外は外国人なので、いろいろな国の言葉が飛び交う中、ワイワイとした雰囲気で食事をしますが、正直何を言っているのかさっぱりわからないことが多いです・・・よく食事中にこれだけ喋れるなぁと思います。私は黙って黙々と弁当を食べて午後からの仕事に備え、仮眠を取ります。

 食事を通じたコミュニケーション

外国人は日本の食事も大好きですが、納豆や佃煮なんかはたまに好みではない人がいます。中には、会社の弁当ではなく、家から弁当を持ってくる人もいます。ブラジル人は大きなタッパにご飯を入れ、その上にマメの煮たもの(ブラジル特有の料理)や柔らかい牛肉を乗せて食べていることがあります。私もブラジル人の弁当をもらったことが有るのですが、とても美味しいです。

中国人は炒めものや煮物の弁当を食べていますが、特に炒めものは味がくどくて私の口には合いませんでした。中国人と一緒にバーベキューをやった時に、羊の肉を食べたのですが、あまりのくどさに吐きそうになり中国人に笑われました。

私の大好きなフランス~日本食、アニメ、フランスで日本ブームが到来!

2017.05.23

日本人も挨拶ぐらい外国語を覚えよう!

こんな職場で働いている私ですが、業務においては自分の仕事を淡々とこなすよりも、一緒に働いている外国人といかに仲良くなれるかが重要だと思っています。

私が心掛けていることは、外国人へ日本語を教えてあげることと、自分が中国語やポルトガル語、スペイン語を教えてもらい出勤する時や、退社する時に現地の言葉であいさつをすることです。

 コミュニケーションが良いと仕事が楽しい!

仲良くなると、仕事の場でお互いに教えたり、教わったりしますし、また、休憩中にブラジル人が中国人にちょっかいをかけたりして楽しんでいることも目にします。

また、ブラジル人と中国人で食事を交換し、それぞれ感想を言い合ったりもしています。こんな職場でいろいろと問題は起こるのですが、私は仕事を楽しんでいます!