ポルトガル出身の消臭力「ミゲルくん」がすっかり成長!寂しがる声続々

2011年に放送された「消臭力」のCMに出演したミゲルくん。「消臭力〜」と歌っていた姿を覚えている人も多いのではないでしょうか。子どものミゲルくんが大人顔負けの歌唱力で歌うあのCMはインパクトが抜群でしたよね。その7年後。今回そのミゲルくんが19歳になり再びエステーの「消臭力」のCMに出演。大人になったミゲルくんの姿にネット上で様々な反応が寄せられています。

ミゲルくんの名前はミゲル・ゲレイロ。ポルトガル出身です。地元ポルトガルのオーディション番組で優勝したことをきっかけに日本での芸能活動を開始。当時日本ではポルトガル人の男の子が日本語で「消臭力」の歌を歌うギャップに驚きの声が続出。話題性は抜群でなんとミゲルくんは日本でCDデビューまでしています。ミゲルくんは現在もポルトガルで歌手活動をしています。

2011年にミゲルくんのCMが放送された際は東日本大震災の直後でした。実はミゲルくんの出身国であるポルトガルでも1755年にリスボン地震が発生し、津波で壊滅的な被害を受けたという歴史があります。そんなポルトガル出身のミゲルくんが東日本大震災の直後にCMに出演したことで好感度はさらにアップ。その年の「CMオブザイヤー」にも選ばれました。

今回のCMでは視聴者から寄せられるミゲルくんへの質問に答える形で「消臭力」のCMを作成。2018年バージョンではすっかり大人になったミゲルくんが「ミゲルです」と自己紹介をするシーンから始まります。続いて商品の説明が入りCMの終わりには「シャルダン ボタニカールー」と商品名を歌い上げています。

19歳のミゲルくんに対してネット上では「可愛かった頃のイメージが・・・」と寂しがる声も。しかしまた成長したミゲルくんを見ることができて喜んでいるファンの方が圧倒的に多いようですね。