アメリカの歌手レディー・ガガ 線維筋痛症で欧州公演を中止

レディー・ガガと言えば今や世界の誰もが知る有名歌手です。彼女の奇抜なファッションやノリが良くメッセージ性の高い彼女の楽曲はいつも世界の音楽ニュースの話題をさらっていますが、3日レディー・ガガが予定していた欧州10公演を線維筋痛症のため中止することが発表されました。

レディー・ガガは昨年9月に線維筋痛症を患っていることを公表。身体の強い痛みが常にあるというこの病気ですが、レディー・ガガはSNSを通じて同じ病気を持つ人々と情報交換をしたり病気の辛さを分かち合う活動を続けていました。

どのようにして痛みを和らげることができるのかレディー・ガガ自身がこんな風に発信したこともありました。「氷で冷やすと良いと聞いたのでやってみたが、ひどくなってしまった。サウナや電気毛布、エプソン風呂などで温めた方が痛みが楽になった」——これに励まされた同じ病気を持つファンは多かったようです。

今回の欧州ツアーの中止についてレディー・ガガは「線維筋痛症の激痛と戦っています。辛抱強く待ってくれていた欧州のファンのことを思うと今回のツアーの中止はとても悲しいです。」と語りました。

ファッションが自身の全てだとして「ハウス・オブ・ガガ」を結成し、ファッションやパフォーマンスということに関して人一倍努力を重ねてきたレディー・ガガ。今回の件についてはツアーの中止を残念がる声とともにレディー・ガガの体調を心配する声も多くネット上で見られます。

現在は医療チームのアドバイスを受けながら治療に専念しているというレディー・ガガ。線維筋痛症は原因不明で全身にこわばりや痛みを引き起こし、鬱や情緒不安定などを引き起こす深刻な病です。原因がわかっていないため効果的ない治療法もないのが現状。レディー・ガガの今後の体調が懸念されます。