オーストラリア歌手イギー・アゼリアが元婚約者の高級服を全部燃やして知ったこと

イギー・アゼリアはオーストラリアシドニー生まれのラッパー、モデルです。2013年にNBA選手のニック・ヤングと交際を開始。婚約まで交わしていましたが彼の浮気をきっかけに2016年6月に破局を発表しています。破局してから時が経ち、イギー・アゼリアがアメリカの人気番組「watch what happens live with Andy cohen」に出演しその時のエピソードを語りました。

イギー・アゼリアはオーストラリアのラッパーです。彼女は両親ともアボリジニの家系に生まれました。父は画家・漫画家で母はホテルなどの清掃員だったという彼女の本名は「アメシスト・アメリア・ケリー」と言います。以前彼女は父親が自身の作品に大きな影響を与えていると語りました。

さてアンディ・コーヘンとのトーク番組に出演した彼女は司会者のアンディ・コーヘンから浮気した元彼の服を燃やしたエピソードを振られると「全部燃やした」と隠すことなくあっさり認めます。さらに「燃やすだけじゃなくてプールに投げ込んだりもした。思いつくブランドのものは全部燃やしたわ」と付け加えました。さらには「勝手に燃やすのは不公平だと思ったから『今からあんたの服を燃やすわ。どこにいるのか知らないけど、どうせ女のところにいるんでしょ』っていうビデオを撮って彼に送ったの」と言い放ちました。

そんな彼女が知った新たな事実。それは「高い服は燃えない。フォーエバー21のような安い服は燃える」ということだったそうです。

イギー・アゼリアはラップ界でも良くも悪くも話題にのぼります。ニッキー・ミナージュに茶化されたり、エミネムにディスられたりと何かとお騒がせのラッパーなのです。元彼のニック・ヤングはどんな気持ちで報道を聞いたのでしょうか。気になるところです。