外国人の英語教師は多いが、先生みんなが素晴らしいわけではない!

グローバル化が進み、英語勉強したいと思う人も増えましたよね。そんな中、外国人英語教師を宣伝文句に使う英会話クラスも増えました。確かに、英語が話せる人が少ない日本国内で英語を勉強するためには、外国人の英語教師の方が良いと考える人も多いかもしれません。しかし、必ずしも外国人の英語教師の方が良いとは言い切れない側面もあります。ここでは、外国人英語教師の問題点についてお話しします。

外国人ならば簡単に就ける仕事の1つ

 資格などがいらない

日本で日本語教師をするためには資格が必要です。ですから、日本で英語を教えている外国人教師にもそれなりの資格があるのだろうと考えている人も少なくありません。しかし、実は日本で英語外国人が教えるためには、特に資格はいらないのです。
つまり、ネイティブスピーカーであればできる仕事ともいえます。私自身、かつて中学と高校で英語を教えてきました。今は海外在住で、英語を教える仕事を探そうと思ったこともあります。しかし、英語を教える仕事はほとんどがネイティブスピーカーであることが条件となっており、逆に言えばネイティブスピーカーであればそれ以外は特に条件がないのです。

 資格を持つ日本人は外国人教師のスタッフにしかなれないことも

それならば、資格を持たないネイティブスピーカーと英検1級やTOEIC 900点を持つ日本人の場合、どちらが優れた英語教師になれるのでしょうか。実は、英会話クラスは外国人を重宝することが多く、どれだけ資格があったとしても、どれだけ英語が話せたとしても、日本人はなかなか英語教師には迎えてもらえない側面があるのです。
私が小さい時通っていた英会話教室の先生は日本人でしたが、英語がペラペラでした。発音がとてもきれいな先生で、今でもあの先生のもとに通って良かったと思っています。その先生は当時では珍しい英検1級の保持者でしたが、仕事を探すのに相当な苦労をしたとの事でした。
先生は、外国人の英語教師がいると、日本人はどれだけ英語が話せたとしても外国人教師のスタッフにしかしてもらえない、と言っていました。ネイティブスピーカーであるというだけで、日本語がしゃべれなかったとしても外国人は英語教師になることができるのです。

日本語がしゃべれない場合がある

 生徒の質問がわからない

小学生の時、近所の塾に通ったことがあります。英語では私は中学生クラスに入れられ、先生はアメリカ人で、日本語が全然しゃべれない人でした。
授業はあくまでも英語の授業で、特に英会話にこだわる事はなく、文法やリーディング、ライティングなども学ぶはずでした。しかし、先生が日本語しゃべらないため、中学生レベルでは今何をやっているのかもわからず、質問があっても先生に聞くことができませんでした。先生からは質問は英語でするようにと言われましたが、質問を英語で出来るような力があるなら、そもそも塾には行かないと思うのです。

 本気で仕事をしない先生もいる

不幸にも、毎週決まった曜日の中学生クラスでUNOのゲームで1時間を終わらせる先生の授業を受けたこともあります。その先生は日本語が全然しゃべれず、英語を話すだけでしたが、どうやら遊び感覚で仕事をしているようでした。
確かに、日本人と結婚して日本で生活し、その日本人に安定した収入があるならば、外国人配偶者はそこまで真剣に仕事をする必要がないかもしれません。当時、私は小学校4年生でしたが、UNOで1時間という授業を終わらせてしまうその先生をどうしても尊敬することができませんでした。

外国や歴史をよくわかっていない場合がある

 偏見のある物言いを平気でする

英語教師をしている外国人の中には、海外に対して偏見を持っている人もたくさんいます。そして、残念ながらその偏見を躊躇なく口に出す人も少なくはありません。
例えば、私はかつて中国でIELTSの試験を受けたことがあります。面接の時、なかなか面接官から部屋に入るようにとの指示がなかったため、私は部屋の外の椅子に座っていました。すると、通り掛かったアメリカ英語を話す面接官に話しかけられ、話をする中で私が中国人ではなく日本人であるという事を知った彼はオーバーなくらいにびっくりした表情を見せ、「君は日本人には見えないね、中国人に見える」と言ってきたのです。
確かに日本人も中国人も東アジアの人間ですから、見た目はあまり変わらないかもしれません。しかし、それを躊躇なく英語圏の人に当たり前のように言われたのは非常に不愉快でした。しかも彼はIELTSという、国際的な英語の試験の面接官をしている人であり、私たちの第二言語としての英語は彼らによって点数を付けられているのです。
彼は続けて、「僕は日本にガールフレンドがいるけれど、彼女はとても日本人っぽい」と言って来ました。あまりにも偏見に満ちた物言いに腹が立ち、自分自身の面接前でなかったら遠慮なく食って掛かってしまうところでした。

 差別用語を分かっていない

私がかつて講師をしていた高校に、カナダ出身の英語の教師がいました。カナダと日本の大学の両方を卒業したそうで、日本における英語教員の免許を取得しており、「自分はこの学校で誰よりも頭が良い」という教員でした。
彼が担任をするクラスでは時間割の黒板が全て英語で書かれていたのですが、私が授業でその教室に行った時、その中の”Jap History”という単語に目が留まりました。日本の公的な短縮形はJPNであり、JAPではありません。しかもJAPには日本人の蔑称という意味があります。太平洋戦争の間、アメリカが敵国人である日本人のことをJapと言っていたことは、多少歴史を勉強したことがある人ならば誰もが知ることなのではないでしょうか。そのような単語を平気で使える英語教師はいかがなものか、生徒たちがその単語を海外で言ったらどうなるか分かっているのかしらと不思議に思ったものです。
また、その教師は白人でしたから、見方を変えれば本人が気づいていないだけで、自身にアジア人に対する差別意識があるのではないかと思われてもおかしくはないのです。

外国人の英語がすべて正しいわけではない

確かに、ネイティブスピーカーの英語は英語を第二言語とする人の英語よりも正しい、と思ってしまうかもしれません。しかし、言語はただ話せれば良いわけではありません。もしも相手が学生生徒ならば本人たちが理解できるように英語を教えなければいけませんし、国際的に活躍したいと思っている人に英語を教えるならば、政治的に言ってよい単語、いうべきではない単語なども分かっている必要があります。
もちろん、外国人の英語教師がいけないと言っているわけではありません。中には素晴らしい英語教師もいます。しかし英語の学習を考える時、「外国人だから」誰もが素晴らしい英語教師に慣れるわけではない、ということは念頭に置いておかなければならないことだと感じています。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA