インド人と恋愛してわかったインドの摩訶不思議~おしゃべりが大好きな民族性!

インド、この国についてどう思うか人に聞いてみると、必ずといっていいほど両極端な意見が返ってきます。「大好きなので、何度も行きたい国」という人もいれば、「1度行ったことがあるが、もう2度と行きたくない」という人もいます。この理由には、インド特有の文化、そして、民族性があるのではないでしょうか? 今回は、そんなインド、インド人に少なからず魅力を感じている人のために、インド人との恋愛について、自分の体験を交えてご紹介します。

インドと言えばカレーだと思っていいましたが・・・

商店街の道をどうどうと歩く牛、タクシーに乗る観光客に群がる子どもたち、その一方で、大理石で埋め尽くされたタージマハール、一流ファッションブランドの豪華な店舗など、インドでは全てが混在していてその光景はまさにカオスです。このカオスの中で、ある一定の秩序を見出し、暮らしているインド人は、本当にタフで、よく話し、無邪気です。

 バックパッカーとしてインドに行く!

私は、インドという国に旅行する前は、インドといえばカレー好きとしか頭に思い浮かびませんでした。どんな言葉を話すのかも知りませんでしたし、どんな生活をしているのかイメージすらありませんでした。
そんな私でしたが、全く知らなかったからこそ行ってみようと思い立ち、バックパッカーとして一人旅をしたのがインドでした。今考えれば、突拍子もない決断をしたと思いますが、その旅以来、インド人との遠距離恋愛が始まりました。

 インドにはまってしまった私

初めてインドに行ったのは、大学3年の春休みでした。1ヶ月間、デリー、ジェイプール、バラナシ、コルカタを鉄道で移動しながら旅をしました。その時に感じたインドの雰囲気、エネルギー、熱気が忘れられず、翌年の夏休み、春休みに同様に1ヶ月旅をしました。また、社会人になってからは旅好きのあまり、転職期間を半年空けて、半年間インドとネパールを放浪しました。

パキスタン人と付き合って分かった外国人との恋愛~自分から愛情表現をしよう!

2017.05.24

インド人の出会いはいつでもどこでも

日本では、全てのことに秩序があり、日本人は社会通念に合わせて、または合わせようという努力をしています。仕事中にお客さんを口説いたりデートに行くなんて、多くの人は考えることもないのではないでしょうか?

 インド人と日本人の価値観は全く異なる!

インド人には日本人と同様の社会通念は通用しません。インド人と接するにつれて感じたことは、人が同じ常識を持っていると考えること自体、根拠のない淡い期待だということでした。例えば、インド人に旅行ガイドを頼むと、ガイドしている間、ずっと熱烈な視線でアピールしてくることがありました。少しだけであれば、自分に好感を持ってくれたことに嬉しく感じます。ただ、それが延々に続くと、この人は本気で私を口説いているのかと確信めいた気持ちになります。

 どこにいても声を掛けてくるインド人

他にも、列車での移動中、席の近い人から声をかけられたり、レストランで声をかけたり、至るところで、出会いは起きます。インド人は、いつでもどこでも出会いをつくることに、なんら抵抗を感じない、むしろ、どうしていけないのかと思っているようです。

 インド人の彼氏との出会い

私がインド人の彼に出会ったのは、本当に偶然の産物です。たまたま入ったレストランに彼がいて、たまたま彼のことウェイターと勘違いして私から話しかけたのです。普段は自分から話しかけることもない私ですが、ウェイターだと思っていたので純粋に注文をしようと話しかけてしまいました。でも、彼がウェイターでなく、一人のお客さんであることが分かり、私は彼に謝りました。旅行者であまり不慣れなことや、現地の言葉であるヒンディー語が分からないことなど、弁解しました。それが、彼と出会ったきっかけでした。

 

その笑顔、どういう意味?外国人が理解しづらい日本人の表情

2017.06.02

おしゃべり大好きインド人

インド人はおしゃべりがとても大好きです。家族や友人同士だけでなく、たまたま偶然に出会った人に対しても、フランクに話します。お茶を飲みながら、道を歩きながら、食事をしながら話します。列車の中でたまたま近くの席に乗り合わせた人であっても、列車が発車してすぐに打ち解けた様子で話しているのです。列車から降りて、その人たちがバラバラに別れて行く姿を見なければ、家族や友人として一緒に旅行しているに違いないと勘違いするほどの親密さです。

 とことん話し合い解決策をみつける

そんなおしゃべりなインド人が恋人であれば、2人が話せる環境の時はいつでもどこでも話しています。そして、何かトラブルがあったり、誤解があると、解決策が見つかるまで、とことん話し合います。
私が旅していた時は、インドに到着したその日から、周りのインド人が皆、ナンパ師に見えていました。タクシーの運転手も、旅行ガイドも、ゲストハウスの管理人も、よく話しかけてきました。ただただ暇すぎて話したいのか、日本に興味があるのか、旅行者のお金が目当てなのか、もしかしたらナンパ以外の目的があるのかもしれません。
また、本当にインド人はよく話し、シャイな私を会話に引き込ませるのが上手なので、時には感心することもありました。

 私のインド人彼氏もよく話す。ただ・・・

私の彼は、他インド人と同様、話すことが大好きです。一緒にインド内を旅行している時も、私が日本に帰りスカイプで話す時も、私の数倍は話し続けています。私も個人的に話すことが好きなので、会話を楽しんでいましたが、時々困る時がありました。それは、喧嘩をした時です。彼が怒ると、私になかなか反論させてくれないのです。言葉を返すタイミングを与えず、話し続けるため、話の途中で意見を言うと、「まだ話は終わっていない」とさらに怒ります。彼の怒りを鎮め、落ち着いて話すことには、時々苦労していました。そんな時、私が意識していたことは、感情ではなく、理屈で話すことでした。自分の考えを冷静に話すことが一番有効な解決策だったように思います。

中国人と国際結婚して感じたカルチャーショック① ~ 俺のプレゼントは嬉しくないの?

2017.09.08

意外にも人前ではいちゃいちゃしない

出会いもおしゃべりも、時と場所を選ばず楽しむインド人ですが、恋愛におけるスキンシップは人前では基本的に行いません。経済的にも、文化的にも海外からの影響を少なからず受けているとはいっても、人の暮らしの中ではまだまだ伝統的な慣習を大事にしている人達がいます。そして、伝統的な慣習の中には、男女関係に保守的な考えがあり、人前で男女が親密にすることや、デートをするということが受け入れられていない地域も多くあります。

 デートのなのに、ちょっと残念・・・

これは、相手が外国人であっても同じです。都市部であれば、リベラルな考えを持つ人も多くなり、周りの状況は変わってくるでしょうが、デート中、手をつないだり、ハグしたり、お互いの体に触れると、周囲から冷たい視線を感じるかもしれません。
私と彼が二人で旅行していた時は、ほとんどの時には彼の友人が一緒でした。おそらく、彼にとっては私を守るために、友人を呼んでくれたのだと思いますが、そのため、彼と二人っきりになることはあまりありませんでした。友人と食事をしたり、彼が仕事に行く時は彼の友人が私と買い物したりしていました。街で二人で歩く時や、彼の友人がいる前では、手をつなぐことがたまにあった程度でした。

まとめ

以上、インド人との恋愛についてご紹介しました。インドは、1度の旅行だけではまだまだ摩訶不思議な場所で、奥深い文化、歴史があります。同様に、インド人も人から聞いただけでは分からない奥深さがあります。旅行中に出会ったインド人は、「この世に不可能はない。全てのことは可能だ」というのが口癖でした。全く疑いもなく信じるには勇気が要りますが、人生を楽しむためには面白い哲学かもしれません。人との出会いを楽しむためにも、まずは信じることから始めてみてはいかがでしょうか。

イタリア人男性との恋愛・結婚をうまくいかすにはどうしたらいい!?

2017.06.07