古巣のシアトルマリナーズに戻ったイチロー 気になる年俸は?

アメリカで最も有名な野球選手といっても過言ではないイチロー外野手。この度大リーグマリナーズと契約したことで話題となっていますが、この度イチロー外野手の年俸が様々なメディアで予想され話題となっています。

今回の契約に関して年俸は正式には発表されませんでしたが、関係者によると年俸は75万ドル(約8千万円)で出来高は125万ドル(約1億3千万円)になるということです。

シアトル・マリナーズは2000年にポスティングシステムによる独占交渉権を獲得しイチロー外野手を獲得。同年に渡米しシアトル・マリナーズと3年間の契約金1400万ドルで正式に契約をしメジャーリーガーとなりました。

2012年にはニューヨークヤンキースへ移籍。この移籍はイチロー外野手が自ら望んだ移籍でそれが受け入れられた形でした。ニューヨークヤンキースへの移籍会見の際は「11年半、ファンの方と同じ時間と同じ思いを共有したことを思い出し、マリナーズのユニフォームを脱ぐと想像すると大変寂しい気持ちになりました。今回の決断は大変難しいものでした」と語りました。

2015年にはマイアミ・アーリンズと1年契約を結び、アジア人初のメジャー3000安打を達成します。それから2018年3月。再びシアトル・マリナーズと再契約を結びます。

イチロー外野手の成績によっては年俸は200万ドルにまで上がると言われています。イチロー外野手とマリナーズとの再契約はイチロー外野手に対する球団側の誠意が十分感じられる内容となりました。

ネット上では「またマリナーズの51番を着たイチローが見れるのが嬉しい!」という声が上がっています。かつてイチロー外野手が11年以上の月日を過ごしたマリナーズ。やはりマリナーズのユニフォームを着たイチロー外野手が一番しっくりくるというファンも多いようです。活躍が楽しみですね。