アメリカ留学中にアルバイトをしよう!

アメリカに留学をしている間、現地でアルバイトをしてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。留学はただでさえお金がかかりますから、生活費を稼ぐためにも良い経験かもしれません。語学留学であれ正規留学であれ、アメリカに留学する際はF1ビザというものを取得します。F1ビザの学生は、アメリカの国内で労働に関し、2つの規制を受けます。ここでは、その2つの規制から紹介します。

労働における2つの規制

 週に20時間以内

F1ビザの学生は、週に多くても20時間までしかアルバイトができません。私は正規留学でしたので、授業が忙しすぎて週に10時間ほどしかアルバイトをすることができませんでしたが、それでも生活費の足しにするためにアルバイトをしていました。
実際、アメリカ人でも正規で大学に通っている人は課題や講義の準備に追われ、20時間以上のバイトをしている人はほとんど見かけません。日本の大学生はアルバイトとサークルに精を出す人も多いですが、アメリカの大学では気を抜いてしまうと授業の単位が全く取れず、就活をする際にも大学のGPAが大きく影響しますから、アルバイトよりも学問を優先している学生がほとんどです。

 アルバイトは学校のキャンパス内でのみ可能

F1ビザの学生は、キャンパス内でのアルバイトしかすることができません。学外でアルバイトをし、もしもそれが見つかった場合はアメリカからの国外追放を受け、その後も入国拒否をされます。
私はペンシルベニア州立大学に在学中、教育学部の建物内にあったITリソースルームという、コンピュータや最新テクノロジーが整備された自習室のような部屋でアルバイトをしていました。受付に座り、利用者数を数えたり、予約を受け付けたり、モニターやコンピュータの器具を貸し出したり、室内で飲食をしている学生を注意したりという仕事でした。時給は9ドル程度で、学内アルバイトとしては平均的な時給だったといえます。
その他にも、図書館の管理や学内のカフェテリアでのレジ打ちやキッチンスタッフ、学内イベントの運営スタッフ、または夜間の警備の仕事など、様々なものがありました。
たいていの大学には求人情報をまとめたウェブページがあります。なければ、大学のキャリアセンターやキャリアカウンセラーの人に聞けば、募集中のアルバイトを教えてもらえるでしょう。また、多くの大学は学期ごとにアルバイトを募集しますから、学期が始まる前に応募すると、学期が始まると同時にアルバイトを開始することができます。

アルバイトの応募方法について

 レジュメ(履歴書)

アルバイトに限らず、インターンシップや従業員等での応募でも同じですが、アメリカで求人に応募するときにはレジュメとカバーレターというものをオンラインで提出します。
レジュメというのは履歴書であり、形式は決まっていません。日本ではコンビニなどで履歴書を買い、それに従って記載していけば良いですが、アメリカは全員が同じ履歴書を提出することがありません。そのため、自分の好きなようにレイアウトを考え、自分の得意なところをアピールすればよいのです。個性を尊重するアメリカならではの方式です。
また、日本でも履歴書はエントリーシート等手書きの場合が多いですが、アメリカではレジメの手書きは厳禁です。次の綺麗さを気にしたり、書き損じのために何度も書き直しをしたりする必要がありませんから、私はアメリカの方式が好きです。
日本の就活では履歴書に顔写真を添付することが当たり前ですが、アメリカでは顔写真を添付することや年齢を採用者に知らせる事はタブーとされています。その理由は、人種差別や年齢差別を防ぐためです。これを間違ってしまうだけで常識のない人間だと思われてしまう可能性がありますから、気をつけましょう。

 カバーレター

カバーレターというのは、レジュメとセットで提出する、採用者に宛てた手紙のようなものです。日本の就活におけるエントリーシートと似ていますが、こちらも手書きは厳禁です。
採用者はまず初めにカバーレターを読みますから、この内容によって履歴書を読んでもらえるかどうかが決まります。カバーレターには自己紹介、自分の強み、なぜそのポジションに応募したいと思ったかなどを4パラグラフ、A4 1枚程度にまとめます。
極端なくらい自分の実力をほめたたえ、いかに自分が素晴らしく、応募先に貢献できるか、ということを書き綴ることが大切です。アルバイトの募集でも同様です。私はそのことを知らず、最初は日本人らしく謙虚なカバーレターを書いていました。しかし、ネットで買われたので英文をいくつか読み、それではダメなのだと気がつきました。
例えば以前日本の和食レストランでアルバイトをしていたときの経験をカバーレターの中でアピールをした時、「料理説明をした」ではなく、「自身の日本の伝統料理に関する知識を駆使し、より一層料理を楽しめるように最大限の努力をした」と書きました。アメリカでは、たとえアルバイトの募集であっても過去の経験やスキルをアピールする必要があります。そしてこれくらいの誇張はアメリカでは当たり前です。これぐらいでないと、自分に自信がない人だと思われてしまう可能性もあり、悪い印象につながってしまうこともあるのです。

アルバイトを楽しもう

 日本との違いや規制を理解することが大切

F1ビザは規制が多いため、なかなか大変そうに感じるかもしれません。しかし、英語を話す機会も増えますし、日本では経験できないこともたくさん経験できます。応募方法も日本とは違いますから戸惑うこともあるかもしれません。しかし、それらを楽しむ気持ちでいることが大切です。

 違法な事はしない

私の知り合いには、学外でこっそりアルバイトをしている人もいましたが、万が一見つかってしまった場合はせっかくの留学経験が台無しになりますし、アメリカに入国することができなくなってしまえば、その後の人生にも影響があります。
留学中はお金がかかりますから、学内のアルバイトでは足りないと思うこともあるかもしれません。応募したものの、採用してもらえなかったということもあるでしょう。しかし、だからといって法律を犯してはいけません。

とにかく出費の多い留学生活

留学はとにかくお金がかかります。特にアメリカの大学は学費が高く、年間数百万円単位の学費がかかりますから、特に正規留学をすると本当に出費が多くなります。そのため、出来る限りアルバイトをしたいと思う学生も少なくはありません。
しかし、F1ビザを保持している限りはとにかく規制がありますから、その決まり事をしっかりと守りましょう。確かに学外でアルバイトをしても、バレないかもしれません。しかし、万が一ばれたときには人生を棒に振る可能性があるということを覚えておかなければいけません。
また、学生生活をしていると付き合いで食事に行ったり、飲みに行ったりすることもあります。しかし、周りに流されず、自分のお財布事情を考慮して行動することも大切です。