世界で活躍するX JAPANのYOSHIKIの人気が再び沸騰中!以前とは違った人気の秘密も

2007年再結成され、日本人アーティストとして世界中のファンを惹きつけてやまないX JAPAN。特にドラムのYOSHIKIは2017年1月にはアメリカのカーネギーホールでクラッシック公演を成功させアジア人として初の快挙を成し遂げました。もちろんX JAPANとしての活動も順調。2017年3月にはロンドン公演を行い大成功を収めています。

海外のファンも彼らのパフォーマンスに陶酔。アメリカやイギリスなど英語圏だけでなく中国や韓国などのアジア圏でも彼らのパフォーマンスにハマるファンが続出しています。

そんな中特に日本のメディアの露出が目立っているのがYOSHIKI。年末年始テレビを見ていた人は彼を見かける機会が多かったのではないでしょうか?X JAPANの人気の全盛期、YOSHIKIのイメージは「孤高の天才肌」でした。音楽的才能が天才的であることは間違い無いのですが、その人相からキレる「怖そう」というイメージを拭えていませんでした。

しかしどうでしょうか?現在テレビに出ているYOSHIKIは全く怖くありません。物静かですが品のある話し方。お茶目なところや天然ボケなところも垣間見せ、当時の怖いというイメージを完全に払拭しています。

2017年の紅白歌合戦ではX JAPAN初の紅白演奏曲であるENDRESS RAINを演奏しました。首の手術をしたばかりで紅白歌合戦前は「快復度は3割ぐらい」としながらも本番ではドラムとピアノの2つのパフォーマンスを披露。ドラムを叩きながら頭を激しくし振る「ヘドバン」は少し控えめだったけれど、レベルの高いパフォーマンスで観客を沸かせました。

X JAPAN やYOSHIKIの人気は今後日本国内だけでなく海外でもさらに広がっていくことでしょう。活躍が楽しみです。