リタ・オラがバスローブ姿でMTV授賞式に登場!その驚きの理由とは!?

11月12日(イギリス現地時間)にロンドンのウェンブリー・アリーナで開かれたMTV EMA(ヨーロッパ ミュージック アワード)で司会を務めたリタ・オラが驚きの衣装で登場したことが話題になっています。

なんとリタ・オラは白いバスローブ姿で登場。頭にはバスタオルを巻いてまるでお風呂上がりの様子そのもの。と言うのもリタ・オラに司会の依頼が来たのは授賞式の直前。リタ・オラはそのオファーを快諾したものの、どれだけその急なオファーにあたふたしたのかを「まるで自分はお風呂からあがってそのまま会場に来た」ように演出することで表現したそうです。

リタ・オラは1990年生まれのイギリス出身の歌手。2013年のデビューの年に3曲連続全英チャートで1位を獲得した唯一のアーティストです。落ち着いたハスキーボイスに抜群の歌唱力を持つリタ・オラ。今年スイス出身の有名DJであるアヴィーチーがリタ・オラをフィーチャーしたLonely Togetherが発表されてからさらに彼女の人気が上がってきています。

リタ・オラの元カレはスコットランド出身の世界的DJであるカルヴィン・ハリス。(カルヴィン・ハリスの「Summer」はYoutubeで11億回以上再生されている超人気曲です)ちなみにカルヴィン・ハリスはリタ・オラと別れた後テイラー・スイフトと付き合って別れています。

リタ・オラの歌うLonely Togetherは私も大好きなのですが、この曲の中にはこんな歌詞があります。

I might hate myself tomorrow, but I’m on my way tonight
(明日私は自分のしたことを後悔するかもしれない それでも私は今夜自分のやりたいようにする)

Lonely Togetherの歌詞と今回の授賞式は何の関係もありませんが、なんだかこの歌詞が今回のリタ・オラの心情にぴったり合っているかのように感じてしまう私です。

日本ではまだあまり知られていないリタ・オラ。海外では現在人気絶頂のスーパースターですので、まだチェックしていない人は要チェックですよ!