ベルギーの言語は面白い!公用語は?英語は通じるの?

ドイツと言えばドイツ語、フランスと言えばフランス語、ベルギーと言えばベルギー語… なんて思っていませんか?ベルギーの公用語はフランス語、オランダ語、ドイツ語です。また、これら3つの言語を操る人も少なくありません。ここでは、そんなベルギー国内に見る言語についてお話しします。

地域によって言語が違う

 首都ブリュッセルはフランス語

先ほど述べた通り、ベルギーではフランス語、オランダ語、ドイツ語の3カ国が使われています。そして、ランダムにこの3つが使われているというわけではなく、地域ごとによって使われている言語が異なります。
首都ブリュッセルではフランス語が一般的ですし、フランダースの犬で有名なフランダース地方、アントワープはオランダ語です。ドイツ語を話す地域は比較的小さいです。

 旅行の際は地域別に単語の勉強を

旅行に行く時、相手国の言語でありがとう、こんにちは、くらいは言えるようになっておきたいと思う人は多いのではないでしょうか。公用語が1つの国ならば問題はありませんが、ベルギーのようにいくつもあると、一体どの言語を使ったら良いのかわからないですよね。
日本人が一般的に行くベルギーの観光地と言えば、やはり首都ブリュッセル、アントワープ、ブルージュではないでしょうか。ブリュッセルはフランス語ですが、アントワープとブルージュはオランダ語がメインです。そのため、それらの地域に行くときには地域ごとに単語を使い分ける必要があるのです。

ヨーロッパ人を一括りにしてはいけない

2017.03.17

英語の位置づけ

 英語をしゃべれる人も多い

私は、短期間ではありますがベルギーで暮らしていたことがあります。私自身はオランダ語もフランス語も話せないため、英語で通していました。
確かに英語が話せないという人もいますが、基本的にはどの人も英語が話せると言って間違いありません。特に若い人ならば英語が話せます。また、英語で表現はできないけれど、何を言われているかは大体わかるという人も少なくありません。そのため、コミュニケーションに困る事はあまりありませんでした。

 DVDの言語表記

家でDVDを見たとき、私はある関心を持っていました。例えばディズニーの映画を日本のDVDで見ようとすれば、言語設定の欄には最初に日本語があり、次に英語があります。ベルギーのDVDならばやはり最初はオランダ語かフランス語、その次に英語、なのかなと漠然と考えていました。
実は、ベルギーのオランダ語はオランダ語とは若干違うと言われています。スペインのスペイン語とメキシコのスペイン語違うというのと同じでしょうか。ベルギーのオランダ語はフレマン語と呼ばれているのです。
私がディズニーのDVDを見たとき、なんと最初の言語は英語に設定されていました。その次にオランダ語、あるいはフレマン語の選択肢がありました。なぜ英語に設定されているのかと知人に聞いたら、「だってもともと英語だから」と言われました。かつて、ヨーロッパの人はオリジナルを大切にすると聞いたことがありますが、もともと英語の映画を開いて他の言語にする必要は無い、という考えは確かに存在するようでした。

 映画館での映画

それならば、映画館で映画を楽しむ場合、一体何語で見るのでしょうか。オランダ語、つまりフレマン語の地域で英語の映画を楽しむ場合、オランダ語、つまりフレマン語の字幕が付いてくるそうです。
それならば、ブリュッセルの映画館に行ったらフランス語の字幕を楽しめるのかというとそうでもなく、実はブリュッセルは確かにフランス語ではありますが、オランダ語話す人も少なからず存在するのです。そのため、少なからず大きな映画館の映画ならばオランダ語とフランス語の2言語が字幕で出てくるそうです。
余談ですが、私はいくつもの言語を使いこなせる人は一体何語で夢を見るんだろうと思っていました。そこにもし特定の言語が使われている場合、夢にも字幕が付くのかと思ったことがあるのですが、そういうわけでは無いようです。

私が実践した英語の勉強法!SNS、DVD、インターネット辞書を活用!

2017.09.01

現地の言語がわからないと辛い!?

 電車

当たり前のように英語が通じそうなベルギーですが、実は英語が使われない場合もあります。ベルギーの電車は、日本のように数分に1本来るというわけではありません。数時間に1本ということの方が多いのです。
しかも、出発の数分前に出発する電車の車線が変わると放送があったり、数分前に「この電車は運休になりました」と放送がかかったりする場合もあります。そしてその放送はすべて現地の言語なのです。
つまり、例えばフランダース地方の駅に行った時このような放送があったら、オランダ語が話せなければ、何を言われてるのかわからないということになります。放送がかかるたびに駅員に聞くわけにもいきません。そのため、電車に乗る場合は現地の言語が少なからずわかった方が良いかもしれません。

 フランス語しか通じない!?

日本でも、フランス人は英語を話そうとしないという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。もちろん地域にもよりますし、何よりも人によりますが、フランス人はプライドが高くフランス語以外を話したがらない、と言われることがありますよね。
これはブリュッセルでも同様です。ブリュッセルのレストランなどに行くと、本当にフランス語しか話せないウェイターも少なくありません。観光客のためには英語が話せたほうがいいじゃないかと思うのですが、フランス語のプライドなのか、フランス語以外話せないという人もいるのです。そのため、もしもフランス語がわからなかったら言語が通じないということもあるかもしれません。もちろん、努力をすればわかりあう事は可能ですから、それを醍醐味にしても良いかもしれません。

単語力は英語力!日常会話で使われる英単語の意外な意味①~spring、hard、off、someone、something

2017.09.04

英語は話せて当然?

ヨーロッパの人は、複数の言語を使いこなし、当然ながら英語も話せるというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、考えてみてください。ヨーロッパではイギリス以外、英語が公用語という国は無いのです。確かにヨーロッパの言語はなんとなく英語に似ているから、英語も覚えやすいと思うかもしれません。しかし、それでも外国語に変わりはありません。
日本国内で英語を勉強したいと思うのであれば、例えばヨーロッパの人が映画を見るように、原語が英語のものは英語で楽しむということを実行してみても良いかもしれません。日本国内ではつい英語のものを日本語に訳してしまいますから、それを訳さずに英語のままで楽しむという努力も、英語を習得する上では必要かもしれませんね。

アメリカ、中国、ベルギーのレストランマナー!支払いは?チップは?

2017.09.29
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA