ロシアのタクシーの運転は粗い!ロシア語が話せないとスムーズ難しい

海外旅行に行く時、ロシアに行こうと考える人もいるのではないでしょうか。ロシアは言語も特殊ですし、なかなか難しそうに感じるかもしれません。しかし、日本とは全然違うこともあり、ロシアに行くと、非常に魅力的な経験ができるでしょう。ここでは、私がトムスクというシベリアの都市でタクシーを使ったときの私の経験を紹介します。

空港からタクシーに乗る

 宿泊先に向かう

ロシアにて私が初めてタクシーに乗ったのは、郊外にあるトムスクの空港から宿泊先のアパートまで移動する時でした。アパートは街の中心地にあり、友人が電話でタクシーを呼んでくれていたため、私は何もせずにタクシーに乗ることができたのです。

 速度が速い!

最初に驚いた事は、タクシーのスピードの速さでした。飛行機に乗った直後ですから、私自身の感覚がおかしいのかと思い、つい運転席の背後からスピードメーターを見てしまったほどです。速度はなんと時速100キロ超えていました。

 

タクシーの運転の仕方の違い

 車線変更は当たり前

トムスクの空港から街の中心地に行くまでの道は片道1車線です。そのため、私はタクシーが他の車を追い越すことなんてまずないと考えていました。しかし、タクシーの運転手は反対車線の車が視界からいなくなるか、または遠く離れていくと、ここぞとばかりに先方の車を追い越していきました。
もちろん、急いで欲しいとお願いしたわけではありません。私たちに話しかけることもなく、運転手は真顔でただただ運転をしていました。最初は私を誘拐する気なのかと不安になったほどです。

 目的地には無事に到着

当たり前ですが、この運転手は私を目的地のアパートまで無事に送り届けてくれました。
このような追い越しを経験したのはこの時だけでした。これ以来、街でタクシーを使ったときには運転手は極めて安全運転であり、特に危ないと思った事はありません。どのような運転手かということによってタクシーの運転は大きく変わってくるのかもしれません。

 

タクシーを呼ぶアプリYandex Taxi

 便利なアプリがある!

最近では、アプリを使ってタクシーを呼ぶという方法も一般的になりました。私もロシアに行った時、自分の現在地を登録すれば1番近いタクシーが来てくれるという便利なアプリを使ったのです。金額も節約できますから、非常に便利なアプリだと感じました。
アプリには、登録して2分後にはタクシーが到着すると表示されていました。しかし、5分たってもタクシーが来ず、30分たってもタクシーは現れませんでした。アプリで表示されているナンバーのタクシーが来るはずでしたが、ただぼう然と立ち尽くす私の前を多くの車が通り過ぎて行きました。

 アプリも使いこなせなければ意味がない

このアプリの存在を知ったときには、なんて便利なんだろうと思ったものです。しかし、30分もタクシーを待ったときには、アプリがあっても使えなかったら意味がないとつくづく感じました。
しかし、アプリにせよ電話にせよ、タクシーを呼ぶためには言葉の壁を越えなければいけません。これ以外にもタクシーを利用する機会はたくさんありましたが、未だに英語を話す運転手には会ったことがありません。
ちなみに、このアプリはロシア語のみが使用可能です。ロシア語が分からなければアプリを満足に使うこともできませんから、私自身、アプリを使おうとしたこと自体が間違っていたのかもしれません。そのため、やはり海外に行くならば最低限の言語を知っておかなければいけないということを痛感しました。

 

タクシーは危険な時もある!

ロシアであれ、他の国であれ、特に英語ではない国家である場合は多少の言語を調べてから出かけるということをお勧めします。また、タクシーの運転手には胡散臭い運転手も多く、ぼったくりということも多発しています。また、変な場所に誘拐されてしまうというトラブルに巻き込まれる可能性もありますから、タクシー等に乗車する際には十分に気をつけなければいけません。
しかし、やはりこのような冒険も旅の醍醐味です。安全さえ確保できれば、ぜひこのようなびっくりするような体験もしてみてほしいと思います。
ただし、何といっても安全第一ですから、もしも現地に友達がいるならば一緒に来てもらったり、身の安全をしっかりと確保したりするよう、心がけましょう。