中東での会社設立は簡単ではない!ラマダンなど文化が全然違う!

私は現在中東に駐在しています。その経験を通じた中東での会社設立の状況に関し、本日は紹介したいと思います。

中東でのビジネス拠点

中東内で多くの日本企業が進出しているのがアラブ首長国連邦(以下UAE)のドバイです。実に300社以上が進出をしています。進出数が多いということは、それだけ外資規制が少ないということになります。ドバイの場合は、外資出資比率100%で会社を設立できるエリアがあります。そこは”フリーゾーン”と呼ばれています。

 GCCとは

海外では、簡単に会社設立ができる国とそうでない国があり、中でもGCC(UAE、カタール、バーレーン、オマーン、サウジアラビア、クウェートからなる湾岸協力会議)に属する湾岸諸国は資源豊かで、特にUAEやカタールは資源力によって富を成し、裕福な国へと変貌を遂げています。

 外資企業の進出は簡単ではない

では、UAEやカタールでも会社設立が容易であるかというとそうではありません。前述の通りUAEでは、フリーゾーンが存在してそこには100%外資で会社設立ができますが、フリーゾーン以外では合弁でないと会社設立ができません。また、フリーゾーン内に入る企業は、「フリーゾーン内だけでビジネス可能」という規約もあります。その為、現地マーケットなどを商売にしている企業等は、フリーゾーンではなく、地場のエリアで合弁会社として会社設立が必要になってきます。
カタールでもフリーゾーンは一部ありますが金融関係のみ可能でして、大半の企業は合弁で会社設立を行います。

中東はなぜ紛争ばかりなのか?歴史、宗教、民族が異なる複雑な事情

2017.09.21

外資企業の多い中東諸国

GCCの中でも外資企業の進出が多いのが、UAE、カタール、バーレーン、サウジアラビアです。バーレーンは小国でありながら、外資規制が比較的ゆるく、会社設立も湾岸諸国内では容易です。しかし、人口(マーケット)は小さく、さらに日本からも直行便が就航していないことを加味すると、特別な理由がない限りは、バーレーンを中東の中心オフィスに構える企業は少ないでしょう。

 サウジアラビアの状況

サウジアラビアは国土が広く、資源もあることから、商社、プラント、建設、インフラ関係の企業らが多く進出しています。
サウジアラビアは他のGCCと比べても物価や人件費が安く、UAEやカタールと比べても3分の1程度とも言われます。一方、治安はあまりよくないです。さらにサウジアラビアで会社設立は容易ではなく、賄賂!?が必要かもしれないといわれるほど難しいようです。

タイで海外駐在して分かった、日本人駐在員が陥ってしまう本当のリスクとは

2017.08.09

カタールでの会社設立

前述でカタールの会社登記は容易ではないと答えましたが、サウジアラビアと比べると容易ではあります。しかし、合弁会社となるとパートナー探し、交渉、締結まで多大な労力がかかります。

 現地パートナー選び

合弁会社の場合、出資比率は外資は49%まで、現地側が51%まで出資比率があります。しかし、カタール人(おそらくUAEでも)はお金を出さず、名義貸し(ノミニー)を行います。つまり「名前は貸すけど、金は出さない」ということです。
会社設立だけそういう手間がかかるだけで、その後は大丈夫かというとそうではなく、さらに毎月パートナーへスポンサー代として、お金を支払います。相場は10万円〜50万円まで幅広いです。さらにパートナーと一度組んでしまうと、そのパートナー解消も簡単には出来ません。

 面倒な登記手続き

中東でビジネスをする為に、まず直面するのがこの会社登記です。会社を建てるのも、潰すのも どちらも難しいのです。
カタールを例に出しますと、役所などは朝7時〜13時までです。その後 16時ごろから業務のある役所もあるようですが、大抵手続きの窓口などは、午前中で終わってしまいます。

 ラマダン!?

また、会社登記を行なっていく上で、もう一つ問題があります。それはイスラム関係者なら誰もが知っているラマダン(断食)です。日の出から日没までの間 食事を一切行いません。ヒジュラ暦(イスラム暦で数える1年)でイスラム圏の生活はまわっているため、ラマダンの時期は毎年ずれていきます。201年は特に長かったです・・・(午前4時前から午後8時半ごろまで 断食)

こうした状況では役所をはじめ、たいていのアラブ人は仕事をしません。また外国企業の中には、この時期には中東から外に出る人も多いです。さすがに1ヶ月国を出たら仕事になりませんので、駐在員などは、すぐに戻ってきますが・・・

眠らない街ドバイと砂漠のオアシスと呼ばれるアブダビ!

2017.07.09

文化の違いはビジネスの違いに通ずる!?

多くの外資企業が進出をしている中国や、コストが安く日系企業も工場などを持つタイを見ていたので、海外での会社設立であってもスムーズできるだろうと思っていました。しかし、中東地域においては、現地パートナーとの交渉、関係構築に多大な時間を費やす必要があると感じています。

 こんな指摘を受けることも

何度も湾岸の資源豊かな国へ足を運ぶたび、彼らの桁違いの生活風景を日常的に目にします。先日、ドーハ市内のスーパーをカタール人と歩いていた時に、注意されました。「あまり速く歩かない方がいいですよ。速く歩くと何か緊急事態かと誤解されてしまいますから」アラブの世界では、日本人のせかせかした生き方は、合わないのかもしれません。

アメリカに根付く起業家精神~日本で起業家が生まれない本当の理由

2017.04.10