日本で働きたくない ~ エリート中国人女性の嘆き

最近日本で働く外国人が増えてきました。2016年はついに100万人を超えたとのニュースも出ています。ただ、日本で働いている外国人は本当に日本の職場に満足しているのでしょうか?本日は日本在住10年以上の中国人女性の友人に教えてもらった日本の職場の現状、また、彼女が日本で働きたくない理由についてご紹介します。

バリバリのキャリア外国人が日本人に伝えたいこと

はじめに中国人女性の経歴を簡単にご紹介します。中国の大学を卒業後、日本の大学に編入し日本の大学も卒業。これまで日本で総合商社、化学品メーカーにて10年以上働き、中国語、日本語、英語の3ヵ国語を使いこなすバリバリのキャリアウーマンです。

これ以下、”まとめ” までは彼女の言葉となります。

 表面的には外国人に優しい日本人。でも・・・

「日本の会社は外国人にとても冷たいと感じる。日本人の私に対する接し方が冷たいのではなく、人事制度の面でとても冷たいと感じている。例えば、同期がみな昇進しているのに私だけが昇進できない。人事に理由を聞いても、あやふやで明確な答えを教えてくれない。私がいつか退職し中国に戻るとでも思っているのだろうか?もしくは、私に早く辞めて欲しいのだろうか、全く意味が分からない。日本人は表面的に私にものすごく優しく、何かと気を使ってくれるが、昇格や重要な局面では、外国人を差別する。これは私だけではなく、友人の外国人の皆が口をそろえて言うことだ。特に私は中国人だから、いつも日本人から下に見られている気がする。

 出産した時に退職をすすめられた

また、私は出産もしているので、なおさら日本企業では好まれない。私には子供がいるが、産休のせいでキャリアダウンをしたくなかったので、産前は子供が生まれる1週間前まで働き、産後も3ヶ月後には職場復帰した。中国ではそれが普通だったが、日本の上司からは「退職したほうがいいのではないか?」と言われて、ショックを受けたことを今でも忘れていない。

中国での職探しと就労ビザの実情(前編)

2017.07.12

日本人の常識と外国人の常識はやっぱり異なる~アメリカ留学時の失敗談

2017.04.29

ノーリスクおじさんにダイバーシティの推進は不可能

私は外国人 + 女性 ということでダブルパンチの差別を今でも受けている。現在、日本でダイバーシティという言葉がよく使われているが、はっきり言って全くダイバーシティなどないと断言できる。おじさん達が表面的に取り組んでいるように見せているが、実態としては何も進んでいない。結局おじさんたちは海外留学や転職等、自分の人生で1つもチャレンジしたことがない男性で、挑戦している外国人や女性の気持ちが分かるはずがない。もっといえば、彼らは自分の地位を必死で守ることのみを考え、私たちのような異質な存在におびえていると感じるときさえもある。

 だから私は日本を去る

他にも、言いたいことは山ほどあるが、残念ながら私が日本社会を変えることはできないので、私が日本を去ることを考えている。今、シンガポール、香港の友人から、声を掛けてもらっているので、近いうちにそっちに引っ越すことになると思う。
日本は、食べ物もおいしいし、人も優しい、また、とても安全なので、日本語が話せれば最高に暮らしやすい国だと思う。ただ、キャリアの面では、外国人が日本で働くことは大きなマイナスしかない。それゆえ、本気で仕事をしたい海外の友人には日本で働くことは勧められない。

 

日本で働きたくたくない、と言われて

どうでした?これが私の友人の外国人女性の本音です。
会社にもよると思いますが、私たちが考えている以上に日本企業は外国人にとって厳しいようです。しかも、外国人女性にはなおさら冷たいようです。今後、多くの優秀な外国人を日本へ呼び込みたいならば、改善するところがたくさんあります。

 優秀な移民を受け入れたい

これから人口減少が進むので、日本はどうしても外国人の力を借りる必要があります。私は外国人に来てもらうならば、優秀な方々に来てもらいたいと考えています。しかし、今の状況だと優秀な外国人こそ日本に来てくれないでしょう・・・能力が低い移民を受け入れると必ず治安が悪化します。どのように優秀な外国人を招き入れるのかは日本の大きな課題だと思います。

アメリカ人上司に伝えた日本で仕事を成功させるコツ~「儲かりまっか」「ぼちぼちでんな」

2017.04.07

継続的に英語を勉強するために必要な3つのポイントとは

2017.03.29