ムンバイの商業施設で火事 死亡者は15人か

インドの西海岸に位置するムンバイ。治安が良く観光客への客引きも少ないことで日本からの観光客も多い都市です。イギリス領インド帝国時代を経ているので今現在でもイギリス調の建物が多くあり、ムンバイの観光地となっています。発展の目覚ましい都市で、インドの金融機関や企業本社が集まる商業施設としても知られています。今回はそんなムンバイの商業施設で火事が発生。現在の死亡者は少なくとも15人。今後この数字が増える可能性も考えられます。

火事があったのはムンバイの中心地にある商業施設。4階建ての建物から29日午前1時ごろ出火しました。懸命な消火活動にょり5時間ほどで火は消し止められましたが、この火事による死亡者は15人との報告が。怪我などを負って病院に搬送された人数は50人以上とされています。

ムンバイは人口密度が高いので、狭い土地に多くの人が住んでいます。インド映画産業の中心地としても有名なこの地。有名なインド映画である「スラムドッグミリオネア」もこのムンバイが舞台の映画ですね。商業施設は火事が起こった当時も、深夜1時ごろと夜遅くにもかかわらず多くの観光客た地元の人々で賑わっていたとのことです。

火は1度上がるとおよそ30分ほどでビル全体を全焼。火元や火がなぜそんなに早く広がったのかという詳細についてはまだ依然として分かっていません。更に火事が起きたレストランはちょうど女性が多く参加するパーティーの最中だったそうです。そのため死亡者や病院に搬送された人々の多くが女性だったという情報も入っています。

年末のムンバイの中心地で行われていた楽しいレストランでのパーティーが一瞬で惨事となってしまった今回の事故。原因究明がなされることを願うと同時にさらなる被害者が出ないよう祈るばかりです。