海外の仕事はいい加減!?とはいえ、日本もいい加減なところがある!

海外で生活をしてみると、「日本ってなんていい国なんだろう」と思う事は少なくありません。もちろん、例えば日本はトイレが異様に綺麗だったり、道にゴミが落ちていなかったり、サービスが神がかっていたりなど、様々な良さがあります。しかしそれだけではなく、勤勉さは世界トップレベルではないのかと思っています。
そんな日本を出て海外を見てみると、外国での仕事ってなんていい加減なんだろうと思う事は決して少なくありません。ここでは、私が今まで見てきた「いい加減すぎない!?」と思ったことについてお話しします。

「名字が違います」

 婚姻届と戸籍謄本

私の夫はベルギー人です。婚姻届を出すときにはまず日本で婚姻届を出し、外務省からの承認を得た書類をオランダ語に訳し、夫の実家がある市役所に届け出て、承認を受けています。当然ながら私たちは日本においてもベルギーにおいても夫婦であることが認められている「はず」です。
ベルギーに提出した際には、婚姻届の写しと戸籍謄本があります。私は結婚と同時に名字を変えたため、当然ながら婚姻届は旧姓で記入していますが、その後に取得した戸籍謄本は夫の名字になっています。

 名字が違うとの指摘

昨年息子が生まれ、出生届を日本とベルギーの両方の国に提出しました。私たちは中国に住んでいるため、日本国大使館とベルギー王国大使館に提出したのですが、ベルギー側で思わぬトラブルがあったのです。
出生届ということで、父親である夫と母親である私の署名、そしてパスポートの写しが求められました。その際、当然ながら私の名字は夫の名字なのですが、ベルギー大使館から問い合わせを受けて私たちの婚姻状況を確認したベルギーの市役所は、なんと旧姓で書かれた婚姻届だけを確認し、「お母さんの名字が違うんですが」と言ってきたのです。
市役所からのその知らせを受け、大使館から「お母さんの名字が旧姓のままなんですが、お子さんをきちんと登録させるために、この旧姓の人と新しい名字の人が同じであるという証明をして下さい」と連絡がありました。夫は激怒し、私たちの手元にある日本の外務省の認証、アポスティーユがついた婚姻届と戸籍謄本の写し、それをベルギーに提出した際に受け取った、ベルギー市役所の承認の印がついた婚姻届と戸籍謄本を大使館に送りました。
その後、夫が大使館に赴いた際にもう一度苦情を申し立てたところ、大使館から「あれは市役所がいけなかった、申し訳ない」と言われたのです。一緒に提出してある戸籍謄本を確認すれば何の問題もなかったわけですし、それは確認し損ねた先方のミスになります。なんともいい加減だと思わざるを得ない事態でした。

海外での出生届!ビザやパスポートはどうする?

2018.01.16

「ビザの期限を入力して」

 機械でチェックイン

アメリカの航空会社に対していい加減だなと思った回数は少なくありません。先日もユナイテッド航空の暴行事件でアメリカの航空会社は世界的な注目を浴びました。私も、できることならアメリカの航空会社は避けたいといつも思っています。
先日、アメリカン航空を使ってアメリカから中国に戻ってくるときの話です。私は日本人、夫はベルギー人ですから、私たちは2人ともビザなしでアメリカに入っていました。チェックインをする際、私は機械で2人分のチェックインをし、夫は荷物を預けるためにカウンターに並んでいたのです。

 手伝いのために現れたスタッフ

最初に私自身のチェックインし、さて夫のチェックインをしようと思った時です。アメリカン航空のスタッフが現れ、さも「手伝ってあげるわ」と言わんばかりにそばに来て、あれやこれやと言い出したのです。やってくれるならやってもらおうと思い、夫のパスポートを渡しました。
すると彼女はいきなり、「彼のビザの期限を入力しなければ発券できない」と言い出したのです。夫はEUの人間であり、アメリカにはビザなしで入れる、自分たちはESTAの登録をしている、日本人である私の分は発券できた、とさんざん説明をしました。

 それは中国のビザ!

彼女は夫のパスポートをペラペラとめくり、私たちが中国で暮らすための中国のビザのページを開いたのです。そして私に向かって「ほら!ここにビザがあるじゃない!」といい、中国のビザの有効期限を入力し始めました。
「それ、中国のビザなんだけど。ここに中華人民共和国って書いてあるよね、それともこのビザの有効期限が必要なの?」と聞き返すと、彼女は手を止め、「あらっ?本当だ、じゃぁ、アメリカのビザはないのね」と言いながら、夫の航空券を発券してくれました。一体何をしたのかよくわかりませんが、夫がアメリカにはビザなしで入れる人間だということがどうやらやっと認められたようです。
ビザなしで入れる国の人間であるのに、ビザを要求されるなど、政治的には屈辱この上ないことです。また、アメリカの航空会社で働いて外国人にアメリカのビザを要求する立場の人間が、アメリカのビザがどのようなものかわからない、中国のビザをアメリカのビザだと勘違いするようなのもいかがなものか、と思ったものです。

ロシアに行けない!?航空券の購入ミスには気をつけよう ~日本人でもビザが必要な国ロシア

2018.02.12

「家庭裁判所に申請してください」

 戸籍に母の名前がない

とは言え、私は仕事がいい加減なのは海外だけではないと思っています。確かに日本の行政は仕事が早く、比較的確実に仕事をしてくれると思っていますが、私自身は市役所でとんでもない経験をしたことがあります。
かつて、戸籍は手書きでしたよね。パソコンが普及したことにより、そのデータがパソコンに入力され、今はデータで管理されています。このパソコンに入力するときに大きな間違いが起こったのです。
私が中学2年生の時、パスポートを申請するために戸籍謄本を取得しました。その時、ふと自分の名前のそばにある両親の名前を見たところ、母の名前が父方の祖母の名前になっていたのです。つまり、父親が自分の母親と結婚したような状態になっていたのです。

 戸籍の変更は家庭裁判所へ

両親がそのまま市役所に戻り、これは一体どういうことか、ちゃんと訂正しろと追求したところ、市役所の担当者は「戸籍の内容変更はここではできません」「戸籍の内容変更する場合、家庭裁判所に申請していただき、そこで認められれば変更することが可能です」と答えたそうです。
母にしてみれば自分が戸籍に載っていないということになり、それは明らかに市役所の手違いなのです。つまり、これは「戸籍の内容を変更する」以前の問題なのです。市役所が勝手に戸籍の内容を誤ってデータ入力したのに、それを元に戻すためには家庭裁判所に申請しなければならず、ましてやそこで認められて初めて戸籍の内容を訂正してもらえるなど、おかしいにもほどがあります。しかし、どうやらさすがに前例がないらしく担当者は「戸籍の変更はここでは…」と言い張るだけだったそうです。

 その場で訂正?

父が食い下がり、最終的には担当者が上司に相談し、その場で訂正されることになったそうです。しかし、上司は「あ、じゃあ直しときます」といい、本当にその場で訂正しようとしたそうです。
さっきまで家庭裁判所にと言い張っていたにもかかわらず、こちらが追求したことにより、その場で訂正しようとするという態度の変化もおかしなものです。ましてや、戸籍というのは日本においては非常に重要なものであり、その内容が事実と違うというのも困りますが、その場で簡単に訂正されてしまうというのも逆におかしなものです。

 市長からの謝罪

最終的に、父は市長からの謝罪の手紙を要求しました。市役所というものはあくまでも市長の管轄下にあり、市長の下で働く公務員がとんでもないミスをしたということで、戸籍の内容訂正し、なかったことにするのではなく、公務員の上司である市長にきちんと報告した上で、市長からの謝罪が欲しいと要求したのです。
後日、きちんと訂正された戸籍謄本と市長の署名入りの文書が届きました。今回の件は、私がパスポートを取るために戸籍謄本を取得してなければ気づかなかったものです。とは言え、戸籍は事情がなければ滅多に取得するものでもありません。戸籍を取ったことがない、戸籍上で自分の名前を確認したことがない、という人は、いちど確認してみても良いかもしれません。

非言語コミュニケーションの重要性!英語を覚えるだけでは伝わらない

2018.02.17

いい加減さはどこの国にもある

このように見てみると、仕事におけるいい加減さというのはどこの国にも存在するということがわかります。確かに、日本人は勤勉であり、おもてなしの心を大切にして仕事をしているということで世界的には高い評価を受けていますが、それでもいざ問題が起こったときの問題解決能力が高いとは言えない側面もあります。
私たち自身は消費者として賢くなる必要があると感じています。もしも相手が行政であれば、行政に振り回されたくはないものですが、何があってもいいように、念には念を入れる、時間に余裕を持つ、などの工夫が求められるのではないでしょうか。

海外での乳児検診と急患!子供の医療に関する文化の違いは不安がいっぱい

2018.03.03
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA