海外での仕事の探し方!やっぱり強い人脈

将来は海外で仕事をしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、海外で仕事をするというとなかなか難しそうですよね。一体どうやって探したら良いのでしょうか。
ここでは、日本にいながら海外での仕事を探す方法、そして海外にいながら仕事ができる、アフィリエイトについてお話しします。

転職サイトを使う

 地域ごとの求人を見る

もしも海外で仕事をしたいと思うのであれば、その地域で求人情報を統括しているウェブサイトなどを参照してみましょう。例えば、アメリカで仕事をしたいと思うのであればアメリカでの仕事を紹介している転職サイトを利用します。
また、その転職サイトに登録できるようなシステムがあるならば、事前に登録しておくと良いかもしれません。自分の履歴書を作成し、掲載しておくだけでも間口が広がります。ただし、海外での仕事を見つけるのはなかなか難しく、自分の履歴書を掲載しておくだけではなかなかオファーが来ません。自分から積極的に情報を見つけることが大切です。

 現地に住んでいるということが大切な場合もある

インターネットで求人情報を見るとき、1つ大きな難題があります。というのは、多くの求人情報は採用条件に「その国で働くことができる」つまり、その国での就業ビザを持っているなり、その国の国籍を持っているなり、幅が狭まってしまうのです。
私も海外で仕事をしたいと思っていた時、転職サイトで仕事を見つけました。その求人の内容には「現地に住んでいる日本人」という但し書きがありました。つまり、どれだけこの仕事に興味を持っていたとしても、現地に住んでいなければ条件に当てはまらないのです。海外で仕事をしたいと思う場合、この条件に当てはまらないという場合が多いです。
なぜ現地に住んでいる人が重視されるのかというと、もちろんビザが関係します。特にその国に住まない人間を雇うことにすれば、就業ビザの取得をさせなければいけません。これは企業にとっては時間もかかるしお金もかかる問題です。また、たとえ外国人であったとしても現地に住んでいる人ならば就業ビザを取得させるだけで済みますが、外国に住んでいる人を雇うとすれば、その人がいつその国に来るか、どこに住むか、などといったことも場合によっては面倒見なければいけなくなります。だからこそ、企業は手間がかからない人を探しているのです。

航空会社により異なる荷物の重量オーバーに対する超過料金

2017.07.14

人脈

 知り合いに紹介してもらう

日本では「コネ」と言われ敬遠されていますが、海外では知り合いに仕事を紹介してもらうという事は割と一般的です。もちろん、知り合いだから採用してもらえる場合もあれば、知り合いでも能力がなければ採用しないという考え方もあります。
海外で仕事をしたいと思うならば、その国の友人などに「何か良い求人を知らないか」と聞いてみても良いかもしれません。もちろん、先ほども述べた通り、外国で働くためにはビザが必要ですから、基本的に就業ビザの取得を手伝ってくれるような企業でなければいけません。たとえ近所のレストランで求人情報が出ていたとしても、おそらくレストランではビザを出してもらえないでしょうから、それなりにハイレベルな仕事を紹介してもらう必要があるのです。

 職種によっては大歓迎

海外で仕事を探すという事は簡単ではありませんが、職種によっては意外と簡単に見つかる場合もあります。例えば医師や看護師などの専門職は、英語さえ話すことができれば基本的にどこの国でも受け入れられる傾向があります。
もちろん、免許や資格によってどこでも働けるというわけではありません。しかし、インターナショナルの病院などに行くと英語が話せる外国人医師や看護師を積極的に採用している場合もありますから、もしも専門職の仕事を探しているのであれば、知り合いに聞いてピンポイントで求人がないか探してみても良いかもしれません。

中国での職探しと就労ビザの実情(後編)

2017.07.13

日本語を武器にしよう

海外で仕事をしたいと思う場合、どうしても英語の勉強に集中するという人も多いのではないでしょうか。しかし、日本人が外国で仕事をしたいと思うならば、意外に日本語の方が武器になることも多いのです。
地理的にいうと日本は小さな国ですが、政治経済的には日本はとても大きな国です。そのため、海外では意外に日本語の需要があります。日本語が話せる人、母国語が日本語、などという条件がついたものを探してみましょう。

英語はコミュニケーションのヒントにすぎない!察する力を身に付ける!

2017.07.08