アメリカで受けた人種差別~「アジア人の女の子がいるからさ」

人種差別や人種問題と言うと、ついアメリカを思い浮かべたり、白人と黒人の問題であって自分には関係がないと思ったりしませんか?しかし、人種差別というのは誰もが受ける可能性があるものです。ここでは、私がアメリカで直面した人種差別について紹介したいと思います。

嫌なシャトルバスの運転手

大学院生の時、私は研究のためにアメリカのメリーランド州、カレッジパークに滞在して、米国国立公文書館に通う予定がありました。公文書館とは歴史的な公文書(条約、宣言、外交文書、政府関係者の報告書や伝達メモなど)を保管し、公開する機関です。
滞在すると決めたビジネスホテルには無料のシャトルバスがあり、最寄り駅と公文書館には無料で送迎してくれると言うサービスがあったため、それはありがたいと思っていました。

 冷たい対応

シャトルバスは、日中は常に利用可能でホテルの外にある駐車場で待っていれば良いとホテルのスタッフに言われていました。駐車場でシャトルバスを待っていると、 運転手さんらしき黒人の人がやってきました。「運転手に行き先を告げるように」と言われていたので、運転手さんに「公文書館に行きたいんだけど」と伝えたのです。するとその運転手さんは私をチラッと見て、あごで乗車するように指示し、黙って去っていきました。

 白人には優しい

とりあえず乗れと指示されたのでシャトルバスに乗り込むと、白人の乗客がたくさん乗ってきました。シャトルバスの運行ルートとしては、まず最寄り駅に寄ってから公文書館、と言う順で、私以外の白人の乗客は皆、最寄り駅で降りる人達でした。
黒人の運転手は白人の乗客にはものすごく優しく、最寄り駅に到着し白人の乗客が降りていたときには窓から手を振り、”Have a nice day!!(よい1日を!)”と叫んでいたことを今でも覚えています。

 私には無視

公文書館に着いた後、私は「ありがとう」と言ってシャトルバスを降りたのですが返事はありませんでした。ホテルの受付の人からは、「迎えに来て欲しい場合は運転手にその旨を伝えれば迎えにきてもらえる」と言われていたので運転手さんに「5時に迎えに来て欲しい」とお願いをしました。しかし、運転手からは返事がなく、これはきっと迎えには来ない、と本能的に思いました。案の定、運転手が迎えに来ることはなく、私は公共のバスを使ってホテルに戻りました。

国際結婚ってあまくないよ!恋愛とは違う結婚の難しさと責任の重さ

2017.09.07

「アジア人の女の子がいるからさ」

前日にこんな経験をして、再度シャトルバスを使うかどうか悩みました。あんな嫌な思いをしながら送迎してもらう意味があるのかどうか迷い、自力で公文書館に行くための手段も調べましたが、もう一度だけシャトルバスに乗ってみようと思ったのです。

 私を見て深いため息

翌朝、駐車場にはシャトルバスが停まっていましたが、運転手はいませんでした。シャトルバスには白人のご夫婦が2人乗っており、その2人に「公文書館に行きたいんだけど、このシャトルバスで大丈夫かしら?」と尋ねたところ、2人は「大丈夫よ!乗りなさい!」と笑顔で言ってくれたので、安心して乗ったのです。
しかし、次に昨日の黒人の運転手がやってきました。彼は私の顔を見て深いため息をつき、それでも白人のご夫婦には笑顔で挨拶をしていました。

 人種差別丸出しの発言

その後、とんでもないことが起こったのです。白人の男子大学生らしき7人のグループがやってきました。その7人は最寄り駅に行きたいと言うことで、7人全員一緒にシャトルバスに乗りたいとの事でした。シャトルバスは運転手を含め7人乗車のサイズで、既に白人ご夫婦と私が乗車しているので、残りは3人しか乗ることができませんでした。それゆえ、7人全員が一緒に乗る事はそもそも不可能だろうと思っていました。
するとその時、運転手が7人グループに「君たちはシャトルバスには乗れないよ。アジア人の女の子が乗っているからさ」と言ったのです・・・全身の血が凍ったような気がしました。この黒人運転手は私に冷たかったわけではなく、私がアジア人だから、このような失礼な態度をとっていたということが明らかになったのです!「アジア人の女の子が乗っているから、君たちは乗れない」と言うのは、立派な差別発言です。1955年、アメリカ市民権運動のきっかけとなった、モンゴメリー・バス・ボイコット事件を思い出さずにはいられませんでした!

沖縄の米軍基地でのホームステイは奇妙なことの連続!ここは日本 or アメリカ!?

2017.09.22

二度とそんなシャトルバスには乗らない

この運転手の言葉を聞いた後、私は二度とこのシャトルバスには乗らないと決心しました。もちろん、私が乗らなくても支障はないし、別に暴力をあからさまな被害を被ったわけでもないので、毎日我慢すれば乗ることができたのですが、やはり「そんな発言をされてまで絶対に世話になるものか!」と思ったのです。むしろ「差別されているのにも関わらずバスに乗り続けるアジア人」といった目で見られるのもごめんでした。

 他のアジア人宿泊客

考えてみれば、不思議なことがありました。そのホテルには、私以外にも日本人や中国人の研究者が宿泊しており、朝食の時に少しだけ話をしたことがありますが、彼らの目的も公文書館でした。しかし、彼らを公文書館で見かけるにもかかわらず、彼らをシャトルバスの駐車場やシャトルバスで見かけたことは1度もなかったのです。
公文書館では皆、研究のための調査をしていますから、挨拶をするだけで直接シャトルバスについて話をしたことはありません。でも、アジア人の宿泊客が多いことを考えると、そのアジア人がシャトルバスを全然使っていないと言うことは不自然でした。もしかしたら、皆も同じような経験をしていたのかもしれません。

 その後

その数日後、ホテルの受付で働いているインド人と仲良くなり、一度、公文書館まで車で送ってもらったことがありました。その時に、どうして無料のシャトルバスを使わないのかと聞かれました。
私が、シャトルバスで何が起こったか、何を言われたのかを話すと、その人は「あー、あの運転手ね、いつもそうなんだよね」と苦々しい表情でうなずいていました。どうやら、アジア人が好きでは無いようで、宿泊客とのトラブルもいろいろあるようでした。

発言には気をつけなければならない

人種差別と言うのは、誰が受けてもおかしくないものなんだなということを学んだ一件でした。あの黒人運転手が、本当にアジア人に差別意識を持っているのか、それともアジア人に嫌な思いをさせられたことがあり、それ以降アジア人を避けているのか、それについてはわかりません。もしかして、アジア人に嫌な思いをさせられた経験があり、アジア人とは関わりたくないだけなのかもしれません。
しかし、それでも発言には気をつけなければいけないと思います。

 一歩間違えば大惨事

海外には日本のような接客サービスと言う概念はほとんど存在しませんので、日本と同じサービスを海外に求めること自体が間違っていると言うことはよくわかります。しかし、日本ならば大問題になるようなあの運転手の発言も、アメリカでは許容されるということが怖く感じました。
私は嫌な態度を取られただけで終わりましたが、人種という問題が関われば、暴力が加わってもおかしくはありません。特に海外でそんなトラブルにあえば、自分の身を守ることさえ危うくなるかもしれません。いくら海外に慣れていたとしても、海外は海外だと割り切り、身の安全を1番に考えて行動しなければいけないのだと痛感した出来事でした。

ペルー人と結婚した20代女性の恋愛日記①~外国人は愛情表現がストレート!

2017.04.06