ニュージランド留学でつかんだホストファミリーと仲良くなる方法

20歳の時にニュージーランドでワーキングホリデーに行き、最初の1カ月間はホームステイを経験しました。ホストファミリーと問題を抱えてしまったため、本当は2ヶ月だった予定を1ヵ月に早めたのです。ここでは、その体験についてお話しします。

私のホストファミリー

 家族構成

私のホストファミリーは、既に退職された老夫婦であり、1匹の犬がいました。今まで何人もの留学生と一緒に暮らしてきており、とても親切にしていただきました。私の英語は通じないこともたくさんありましたが、私のことを努力しようとしてくれて、一緒にいろんなところに出かけたりもしました。日本で学ぶ英語はアメリカ英語ですが、ニュージーランドの英語はイギリス英語になります。その違いに戸惑ったこともありますが、ホストファミリーには本当に助けられました。

 ニュージーランドやオーストラリアの水道代

ホストファミリーに会ったとき、この家のルールを教えられたのですが、シャワーは15分までと言われたことがとても印象的でした。
実は、ニュージーランドやオーストラリアは深刻な水不足に悩まされており、水道代がとても高いのです。ですから、この地域でホームステイをするとシャワーの時間を制限されたり、シャワーは何時から何時までと言われることも少なくはありません。

 ホストファミリーと仲良くなるコツ

ホストファミリーと仲良くなるためには、自分の英語力のなさを嘆いていても仕方がありません。私は出来る限りリビングルームに入るようにしました。よく留学する人の中には英語がしゃべれないからといって自分の部屋に引きこもってしまう人も多いのです。
リビングルームにいたおかげで、夕食の後に一緒にDVDを見たり、たくさん話をしたりすることができました。このようにしてホストファミリーとの仲を深めることができたと思います。

ホストファミリーとの間で抱えた問題

 家族構成が違う!

私がホームステイを始めて2週間経った頃、ホストファミリーの娘さんが5歳の双子の子供を連れて家に帰ってきました。最初、彼らは里帰りをしているだけだと思っていましたが、よくよく聞いてみると、娘さんは離婚し、今は実家で生活をしているということだったのです。私がホームステイを始めた時、娘さんたちは旅行に行っており、家になかったのです。
実はホームステイにはこのような問題が少なくありません。私自身、ホームステイをする前はホストファミリーの家族構成は老夫婦だけだと聞いていました。しかし、その情報自体に誤りがあったのです。

 ホストファミリーとの問題

特にホストファミリーが多かったことに関して問題はなく、私も最初は5歳の子供たちと遊んだりして楽しく生活していました。しかし、その双子の子供たちが毎朝4時に起きて母親を探して泣き続けたり、その母親は彼氏を作り、双子を置いて出かけてしまったりと、家族の中で様々な問題が起こったのです。
当然、ホストファミリーの内部で喧嘩が絶えず、私は自分の居場所がないと感じるようになっていきました。

問題の解決方法

 話し合い

ホストファミリーの老夫婦と娘さんが毎日のように喧嘩をし、私はホストファミリーに自分の考えを話すことにしました。ここには言いづらい、家を出たい、と言ったのです。ホストファミリーからも納得してもらい、確かにこのままでは居場所がないかもしれない、また喧嘩は続くかもしれない、と言われ、私はホストファミリーの家を出ることにしました。

 その後の関係

そうとは言っても、決してホストファミリーとの関係が悪くなったわけではありません。私は確かにホームステイ先を1ヵ月で出ることに決めましたが、ホストファミリーとの関係が悪くなって家を出たわけでは無い為、その後も交流をすることができました。
私が新しい家に引っ越した後も夕食に招待してもらうなど、とてもよくしてもらいました。その交流は私がニュージーランドを離れた今でも続いています。

予測できないことも多い

ホストファミリー等の情報はおそらく渡航前に聞くことが多いでしょう。現地に行ってみて初めて「そんな事は聞いていない」と言うこともあり得るわけです。
ホストファミリー宅で問題を抱え、そこ離れたいと思うこともあるかもしれません。もしもホームステイに関す事務所を利用しているならば担当のエージェントに相談したり、現地の友達に相談したりして、その場その場で解決していくことも大切です。予測できないことも起こると言うことを念頭に置いておくことにより、ニュージーランドの生活を楽しむことができると感じています。