イギリス人と国際結婚したのはいいけど、ビザの手続きは複雑で難しい!

今回はイギリス留学から国際恋愛結婚を経て、永住権取得までのお話をさせて頂きます。イギリスのビザ取得は大変困難とよく聞かれると思いますが、私達は困難な上に間違った情報で振り回された経験をしました。ビザ取得には色んなケースがあるかと思いますが、私達みたいなケースもあるのだなと参考にして頂ければと思います。

主人との出会いと結婚

 友人の紹介

私は当時半年だけの語学留学を予定していたのですが、語学だけではもの足りなさを感じ、その後ホリスティックセラピー(アロマセラピーやリフレクソロジーなど)コースを短大で9ヶ月間勉強することに決めました。

当時、住んでいた家の大家さんの紹介で、ビューティーサロンでバイトさせてもらうことになりました。そして、そのサロンのオーナーの友人と主人の同僚が知り合いだったことから、主人を今の主人を紹介されました。まさか海外で異性を紹介されるとは思いませんでしたが、まさか結婚するなんて何が運命的なものになるか分からないものですね。

 恋愛関係から素早い結婚決断

紹介されたと言っても、その当時彼がサロンに来た時には私は既に日本に帰国していました。しかしお互いに連絡先は知っていましたので、メールのやり取りを1年ほど続けました。そうした中で、彼がどんな人か実際会ってみたいと思い、私の方からイギリスへ遊びに行ったのです。メールでお互いに色んなことを話していたので、会ったその日からお互いに恋愛感情が芽生えたかと思います。

帰国後Skypeでほぼ毎日話し、またその半年後に会うことになりました。その時にプロポーズされ、お互いに結婚を決断しました。二人とも仕事をしていましたので、金銭面やスケジュールの関係で頻繁にイギリスと日本を行き来することは難しく、結婚し私がイギリスへ行くことを決めました。また、私達は共にいい年齢でしたので、かなり決断が早かったというのもあると思います。

中国人男性と国際結婚して感じたカルチャーショック⑤ ~ プロポーズされたけど日本永住ビザが欲しいからかなと不安になった!?

2017.10.01

配偶者ビザの取得

 ビザ取得のための書類集め

結婚を決めてすぐに英国の配偶者ビザ取得のために書類集めと必要な英語試験などの情報収集を始めました。当時イギリスの配偶者ビザは2年ルートと5年ルートがありました。2年ルートとは永住権の申請までの待機期間が2年間。5年ルートだと5年間になります。ちょうど私が申請を行ったときは2年ルートから5年ルートへの変更の時期でした。(現在は5年ルートのみ)

運が良ければ待機期間の短い2年ルートのビザが取得できると思ったのですが、しかし残念ながら私の英語試験の証明書がそのルールが変わる日付には間に合わず、5年ルートだなと覚悟しました。本当にイギリスのビザは複雑かつルールが頻繁に変わり、また、費用も安くはありません。少しでも費用をおさえるために、英語試験ぐらいは一発で合格できるように猛勉強しました。また、当局に提出する必要書類もすぐに集めて提出しました。

必要書類の中には、彼と付き合っていたことを証明するために、彼とのメールでのやり取り・SKYPE会話記録など、も提出する必要があります。これは偽装結婚でないことを証明するために提出が必要なようです。

 ハプニングもありましたが・・・

英語能力試験では、TOEICを選択しました。(当時TOEIC・TOEFL・IELTSなどあり、現在TOEICは不可になっていますが)当時5年ルートに変更までたったの数日しか残されていなかったので、TOEIC事務局に電話をして郵送ではなく個別に証明書を手渡しして欲しいとお願いしましたが、断られました。

その後、証明書が届き、すぐに当局へ提出しビザを取得することが出来ました。いろいろと大変でしたが無事に渡英できて安心したことを今でもおぼえています。

中国の居留許可証を取る手続きは複雑~外国人体格審査、臨時宿泊登記、労働許可証・・・

2017.07.16

永住権の申請

 突然の連絡

ビザを申請後、私は5年ルートだと思いこんでいたのですが、突然Home Officeより連絡があり、なんと5年ルートではなく、2年ルートで永住権の申請ができるとのことでした。

 そんなことってあるの?

振り返ると、私はビザを取得する時に日本でビザ申請専門家にお願いしていて、ルールが変更になる以前の日付にオンラインでビザ申請してもらい、後日私が必要書類をビザ申請センターに提出しました。
念のためビザを申請する前に日本の専門家に2年ルートになるのか5年ルートになるのかを聞いたのですが、必要書類を提出した日がビザ申請日になるとのことで、私のケースでは5年ルートになると言われました。そのため、まさかオンラインの申請日がビザ申請日になるとは思いませんでした。

Home Officeによると私達は2年ルートで申請可能だったのにも関わらず、5年ルートで申請しているとのことでした。この時点で2年半が経っており、いつでも永住権申請可能でしたので、すぐに永住権の申請をしました。
日本の専門家ではなくHome Officeに本当に確認するべきでした。今となっては苦い思い出です。

ロサンゼルスで学んだパーティーで絶対に言ってはいけないこと!

2017.04.10

困難を乗り越えた今思うこと

色々とありましたが、めでたくイギリス永住権を取得しビザの心配をせずに生活を送ることができるのはとっても嬉しい限りです。私は学生時代から海外が好きでホームステイや短期留学などを経験しましたが、一生海外に住むことは考えていなかったので、まさかの国際結婚でした。

イギリスのビザ申請はルールも複雑で情報も少なく本当に大変ですが、2人3脚での作業でお互い絆が深くなったように思います。国際結婚は本当に努力が必要ですが、永住権を取得した時はなんとも言えない安堵感でした。

TOEICの勉強法~スコアによって勉強法を変えてみよう!

2017.03.27

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA