愛は食文化を超えられるか?オーストラリア人と日本食

オーストラリアの代表料理と聞くと、何を思い浮かべますか?オーストラリアの人でさえ即答できる人はあまりないでしょう。確かに先住人のアボリジニは蛋白源として芋虫を食べますし、ゴキブリも食べていたと言われています。しかし、これらは決して一般的な食材ではありません。ここでは、オーストラリア人と日本食についてお話しします。

オーストラリアでの日本食

 日本食を好むオーストラリア人

カンガルー肉、ラム肉、ベジマイトなどというイメージがあるオーストラリアですが、そんなオーストラリア人は案外と日本食を好みます。私たちが友人を食事に招待した時、彼らは特に和食の特徴でもあるお皿の多さに驚きます。そして、ご飯茶碗や吸い物腕、メインの皿などがお盆になっている様子を見ると、とにかく感心するようでした。

 小皿についての感想

中には「見た目は綺麗だけど、スペースも取るし、洗い物も面倒臭いのに、どうしてこんなに分けるのか」と聞く人もいます。洗いものに関して言えば、オーストラリアは水不足が深刻であり、お皿を洗うときにも少ない水を工夫して使うなど、かなりの注意が必要です。そのため、なおさら日本人の小皿の多さは驚きの対象かもしれません。
中には、オーストラリアの食卓の食事を日本人のように小皿に分けて食べようとした友人もいました。しかし、大きなフォークと小皿のサイズが合わず、食べるのに苦労したそうです。やはり、和食料理にはお箸が必要ですね。

 

オーストラリアで日本食を食べる

 日本食レストラン

そんなオーストラリアには、日本食レストランがたくさんあります。もっとも、日本食レストランといっても実際は中国人や韓国人によって経営されているレストランが多いです。
日本食は他の国の料理と比べると値段が高く設定されていることが多いです。そのため、炊けていないご飯や、靴底のように硬いうな重に大金を払わなければいけないということも珍しくありません。
また、これはどこの国でも同じだと思いますが、そんな日本人が関わっていない日本食レストランに行くと、衝撃的なメニューに出会うことがあります。

 日本食レストランで見た衝撃メニュー

私が見たメニューのワースト4は、4番目から、ナッツ入りちらし寿司、セロリの天ぷら、寿司の天ぷら、そしてワースト1はマシュマロが入ったお味噌汁です。マシュマロが入ったお味噌汁に関しては、その時一緒にいた日本人の友人が「料理した人は、写真で見たお味噌汁のお麩が何なのかわからず、似たような食べ物を検索し、最終的にマシュマロを選んだのではないか」と言っていました。一理あると思います。しかもお味噌汁の味は薄く、マシュマロの甘さが全然合っていませんでした。

 

<PR> TOEIC対策

必ず成果をだす!100点UPのための集中講座。アルクのTOEIC(R)対策講座

30日間返金保証&無料カウンセリング!ライザップがTOEICにコミット!

無料の体験レッスン!大手英会話スクールのシェーン英会話でTOEIC対策



日本人が恋しく思う味

 猫舌の人が多いオーストラリア

海外に住む日本人がたまに恋しくなるメニューと言えば、お味噌汁、お寿司、ラーメンではないでしょうか。少なくとも、私はたまにこの3つがたまらなく恋しくなります。
オーストラリアに住む日本人の間で話題に上るトピックとして、中国料理店はたくさんあるのにラーメン屋さんは少ないということが挙げられます。ラーメンに限らず、温度の高い料理は敬遠されることが多いのです。
例えば、家で鍋料理を作って友人を招待しても、彼らはめったに熱々の料理を食べません。じっくり冷やしてからやっと食べ始めるため、鍋をする意味がないのです。

 ラーメンには要注意

さらに、これもオーストラリアに限ったことではありませんが、海外の人はラーメンを食べる時にすする音を立てません。というのは、このすする音はテーブルマナーに反すると考えられているため、外国人にはなかなか受け入れることができないのです。
日本人にとっては音を立てなければ美味しくなさそうに感じてしまいますが、外国人にとってはそうではありません。また、私の周りにもこのマナーの違いによって不仲になってしまった日本人とオーストラリア人のカップルがいます。そのため、外国人と付き合う際にラーメンを食べる時は、要注意です。もちろん、ラーメンのみならず、うどんやそばも同じです。

 

相手の食文化に興味を持てるかどうか

食事というのは難しいものです。どこの国に行っても、どれだけ慣れない食事しかなかったとしても、毎日何かしら食べなければいけません。そんな中で外国人と付き合う場合は、自分が相手の国の食事に興味を持つことも大切ですが、その外国人が日本食にどの程度興味を持ってくれるかということも大切だと思います。もちろん、すべて好きになる必要はありません。しかし関心を持つ事は大切です。

ちなみに、オーストラリアではありませんが、インドネシアの女性と付き合っている私の日本人の友人は、彼女の実家で(食用)ゴキブリの入ったスープを飲んだそうです。皆さんは、もしも恋人の家でそのようなものを目にしたとき、関心を持てますか?