TOEICの勉強法~スコアによって勉強法を変えてみよう!

この頃は多くの企業で、TOEICの受験が求められています。600点を必要な企業もあれば、800点を要求する企業もあり、千差万別ですが、今後ますます企業が従業員にTOEICの高得点を求めることは間違いありません。本日はそんな大切なTOEICの点数アップ方法について紹介します。

たかがTOEIC、されどTOEIC

TOEICの勉強法は本屋に行けばわかるように、人によって千差万別です。もちろん人それぞれにあった勉強法を取り入れるのがベストだとはおもいまが、私の考えはこんな感じです。

 TOEICに特化した勉強法をしてみよう!

TOEICの点数を上げる最大のポイントは、TOEICのテスト対策を行うことです。もちろんネイティブレベルの英語力がある方ならば、対策などする必要ないかもしれませんが、多くの方(特にすぐにでも点数を上げたい方)は、テスト対策を実施することで100~200点近くは点数が伸びるのではないでしょうか。

 TOEICと実際の英語は異なる!?

確かに、TOEICは一定レベルの英語力を計るテストですが、残念ながらTOEICの点数と海外の実際の現場で使える英語力には大きな乖離があるように思います。海外駐在や留学で身に付ける英語力は、スピーキングやライティングなどのアウトプットが中心であるのに対し、TOEICで求められる英語力はリスニング、リーディングが主となります。また出題される問題も、口語ではなく、テスト用の英語です。

 それでもやっぱりTOEICは1つの目安にはなる

海外に住んでいた人の間では、口頭の英語と異なることから、TOEICの点数なんて関係ないとの意見があるようです。ただ、TOEICの点数が高い人は、基本的な英語力が身についているので海外に行った際に、すぐに現地に入り込むことができます。実践の英語とは異なるとの批判もありますが、それでも私はTOEICの高い点数を持っていること=それ向かって一生懸命に英語の勉強をすること、は大変意味があると思っています。

TOEIC 730点を突破した私のリスニング勉強法

2017.04.03

社会人が英語を勉強するのは容易ではない!英文を読めていますか?

2017.04.13

600点を目指すのか?900点を目指すのか?

実際にTOEICは出題パターンが決まっているので、それにそった勉強をすることで飛躍的に点数を伸ばすことができます。逆に、勉強法を間違えると点数はさっぱり伸びません。

 600点を目指す人は、捨てる戦術を取り入れよう!

ここでポイントになるのは、自分は何点を目指すのか決めることです。600点を目指す人と、900点を目指す人では戦略が全く異なるのです。600点を目指す人はリスニングの長文やリーディングの苦手なところを捨てるという戦略を取ることが重要です。難しい部分を切り捨てて、自分のできるところに時間を使うことにより点数は飛躍的に伸びるでしょう。600点前後の人の多くは、全部の問題を解こうとすることにより、少し考えれば解ける問題も間違えてしまう傾向があるようです。だからこそ、この問題は解く、この問題は捨てる、と問題を見て自分が時間をかけて解くべきか、とばすべきかを判断できるようにしてみよう。

 900点を目指す人は慣れて解答速度を上げてみよう

900点を目指す人は、テストへの慣れをおすすめします。990点を取れる人は別ですが、900点前後の最大の壁は時間との戦いです。このレベルになるとリスニングは安定的に点数が取れるようになっているので、リーディングでいかに取りこぼしを無くすかが重要です。(リスニングは全て正解でなくても満点となる傾向があり、上級者にはリスニングのほうが高得点が出やすいと言われています)
文法問題を何度も繰り返し解くことによりパターンをつかみスピードをあげることや、また、長文問題で迷ってしまう問題に対して、「TOEICの場合はこれが答えだろう」と予想がつくように慣れることが重要です。実際に、答えがあいまいな問いも多く、TOEICではこれが答えという問題は多くあります。

 

TOEICの点数が高いことで損することはない!

TOEICの点数によって昇進や海外勤務が決まってしまう世の中です。しっかりとした英語力を身に付けると同時に、TOEIC対策もしっかり行い点数アップを心掛けてください。TOEICの点数が高いことで損することはありません!!!

海外旅行は五感を刺激する最高の体験!

2017.03.23

海外旅行が大好きな私の旅の楽しみ方!女性が1人旅する時の心得!

2017.09.02