カラオケやDVDを使って学ぶ、楽しく英語の勉強をするコツ

最近では、英語はビジネスや教育の中でも重要視される要素のひとつに発展しました。しかし、日本の教育の中で習う英語は文法やライティングが主で、スピーキング、リスニングなどの英語を使う場面で実際に必要なスキルを勉強する機会が少ないです。そんな環境の中でも、英語のスキルを伸ばそうとしている人達は日本にたくさんいると思います。“海外留学“や”海外旅行“はスキルアップの方法の中でも1番の近道と言えますが、誰しもがすぐに実行できる簡単な方法ではありません。私は高校の時にカナダへ3年間留学した経験があるのですが、その経験の中で得た、誰でもできる簡単な英語上達のコツをお話したいと思います。

リスニングは動画を使いながら自分のレベルに合わせて勉強法を変えてみよう

リスニングの上達のコツは、動画サイトやDVDでの海外ドラマ、海外番組、洋画の視聴がオススメです。一見多くの人が行っている方法に思えますが、視聴する中でいくつかのステップを踏むと、より英語力を伸ばすことができます。

 ステップ1 : 英語音声 + 日本語字幕

ステップ1は、英語音声+日本語字幕、に設定することです。耳をネイティブスピーカーの英語にならす事はとても大事です。初めからすぐ何を言っているのかわかるようになるわけではありませんが、長期的に続けることによって所々で1つ1つ単語を拾えるようになってきます。

 ステップ2 : 英語音声 + 英語字幕

そしてステップ2として、英語音声+英語字幕、に設定します。ライティングは得意だけど、リスニング力が欠けている、という人にもオススメです。聞いているだけでは拾えない単語も、文字を合わせることによってより頭に入りやすくなります。また、好きな映画などで大半のセリフを日本語で覚えている人は、その情報と合わせる事で、英語の文法・会話がより自然に耳に入ってきます。

 動画のジャンル選びも重要!

視聴するビデオのジャンルに気を使ってみること重要です。生活の中で使われる身近な英語を勉強したいのであれば、それに適したジャンルを選ぶ事をオススメします。例えばファンタジーやSFのようなジャンルだと、日本で言う時代劇のような昔の言葉を使っていて、実際の生活ではあまり聞かない表現や単語が使われている事があります。

日本にいながら英語力をアップさせる方法!外国人が好む話題を準備する!

2017.08.27

使う機会を増やしてスピーキング力アップ!

スピーキングは日本人が英語を習う中で1番苦戦するカテゴリーと言っても良いと思います。なぜなら英語には日本語にはない発音がたくさんあるからです。私はカナダに留学する前から、英語レッスンに通ったり、海外のドラマを見ながら自分の好きなフレーズをリピートしてスピーキングの練習をしたりしましたが、それでもやはりカナダに行った当初は、“会話”の部分にはすごく苦戦しました。まず相手が言った言葉(英語)を→日本語に訳し→その上自分の言いたい事を日本語で考えて→英語に訳して言葉にする、の長いプロセスを何回も繰り返しました。

 実際に言葉にして使ってみる

“話す”力を伸ばしたいのであれば、ネイティブの人と英語を実際に使って会話をすることで、徐々に日本語を話すように英語を理解できるようになってきます。実際に言葉にして使うというのがとても大事で、海外の友人や知人が周りに居ない場合は、英語好きのコミュニティーに参加するなど、日本人同士で英語を使った会話をするだけでも上達に繋がります。

 発音の上達はカラオケも有効

“話す”だけでなく、“発音”のスキルをアップしたい人は、ネイティブスピーカーの人と練習する事をオススメします。もしカラオケ好きの人であれば、英語の歌詞を歌うことでも発音の練習に繋がります。海外でよく体験する不思議な出来事なのですが、他の国から来た留学生などで、英語の発音や会話力はままならないのに、歌い始めるとネイティブの発音を完璧に使いこなすことができる人がいます。そういう人は、“発音”というよりも“音”として単語を聞きとっているようです。

高校時代からの夢だったアメリカ留学!英語力の向上には意思の強さが不可欠

2017.05.21

英語を使う機会を増やそう

このように普段の生活の中で行っている行動の中に、英語の要素を少しずつ取り入れることで、自然に英語に触れ合う機会を増やしていくことができます。このような様々な方法の中でも、1番と言っても良いぐらい大事なコツは、“楽しみながら学ぶ”ということです。どんなに頑張って練習しても、それが苦になってしまっては元も子もありません。

 やっぱり好きなことから始めよう

洋楽が好きなのであれば、海外の曲をたくさん聞いて歌ってみたり、話すのが好きなのであれば、海外の人とコミュニケーションが取れる場に積極的に参加してみたり、自分に合った方法で取り組むことによって、英語に対してもっと積極的になり、違う勉強法に興味を持つことができるかもしれません。“学校の教科“や“ビジネスの資格“と聞くと苦に思う人も多いと思いますが、今回お話したような方法を取り入れることで、もっとたくさんの方に“英語”を身近に感じてもらい、興味を持っていただければと思います。

私が実践した英語の勉強法!SNS、DVD、インターネット辞書を活用!

2017.09.01

中国の食品の安全性と日本では考えられない食材

2017.07.05