週間ニュージーランド!夏の終わりに来るサイクロン

3月も2週目に入りましたね。日本では厳しい冬の寒さも徐々に終わり、暖かくなってきたのではないでしょうか。ニュージーランドでも季節が夏から秋に変わろうとしていて、日中はまだまだ暑いですが、朝や夜になると随分と冷え込むようになってきました。さて、ちょうど1ヶ月前の今日はバレンタインズデーでしたね。ニュージーランドでは、バレンタインズデーは日本のように「チョコレート」を渡したりする習慣がないので、スーパーでもあまりチョコレートは大体的に売り出されたりはしていません。しかし今、ニュージーランドのスーパーではチョコレートがアツく、大量に売り出されています。その理由は4月にある「イースター」。大人も子どもも、卵やうさぎの形をしたチョコレートをもらったり、渡したりするので、たくさんの人が連日のようにチョコレートを買い求めにきています。意外とスーパーでも文化の違いを感じることができるので、海外に行かれた際は是非地元のスーパーにも行ってみると面白い発見があるかもしれませんね。

快挙!平昌パラリンピック NZ選手がアルペンスキーで銅メダル!

平昌オリンピックに引き続き、3月9日に開幕された平昌パラリンピック。日本でも森井選手、村岡選手、成田選手が活躍して、大会6日目までに銀メダル2つ、銅メダル3つを獲得し話題になっていますね。ニュージーランドでも、開会式からわずか24時間足らずで、コリー・ピーターズ選手がアルペンスキー男子滑降(座位)でニュージーランド勢初メダルとなる銅メダルを獲得し、ニュースになりました。また、大会5日目にはアダム・ホール選手がアルペンスキー男子複合(立位)で銅メダルを獲得しました。
平昌パラリンピックに出場する日本人選手は総勢38名ですが、実はニュージーランドではピーターズ選手、ホール選手を含めてもたった3人しかいません。その中で現時点でメダル2つを獲得している、ということは非常に快挙なことです。日本のように、連日テレビやネットニュースでパラリンピックの模様が取り上げられることはなく、盛り上がりには少し欠けているのが寂しいなと日本人の私でも思いますが、ニュージーランドはこの後もアルペンスキーの大回転や、男子スノーボードに3人目のパラリンピックの選手であるカール・マーフィー選手が出場するので引続き注目していきたいです。

サイクロン「HOLA(ホラ)」が北島を直撃の中楽しむ人々も

日本でも夏の終わり頃に台風がやってきますよね。3月に入り、夏もそろそろ終わりを迎えるニュージーランドにもサイクロンの季節がやってきました。今回発生したサイクロンは「HOLA(ホラ)」と名付けられニュージーランドの大都市オークランドがある北島を週末直撃しました。ちなみに「HOLA」はフィジー語の女の子の名前です。このサイクロンによって、北島は強い雨と強風に見舞われましたが、そんな中でこの自然の脅威を楽しむ人々も。なんと、このサイクロンの強風が起こした7メートルの波でここぞとばかりにサーフィンを楽しむ人が急増し、ニュージーランド北島の北東部にあるサーフィンスポット「モチュリキ島」はたくさんのサーファーで溢れたというのです。このモチュリキ島だけでも80名を超えるサーファーが集まり「サイクロンが雨と一緒に最高のサーフ環境を連れてきてくれた」とまで言われるほど。日本だと、台風がくるとニュースになるのは被害のことばかりですよね。今回のサイクロンでは被害もそこまで出なかったのもありますが、中心となったニュースはこちらのサーファーたちのことでした。そんなサイクロンのホラも、週明けには勢力も弱まり、ニュージーランドはまた残暑の厳しい天気となりそうです。

KKK? クリスピークリーム開店の裏で起こった事件

前回の週間ニュージーランドニュースで、クリスピー・クリーム・ドーナッツの1号店がニュージーランドに上陸したとご紹介しました。しかしここにもう一つ開店の裏で起こったことが今話題となっています。なんと開店前の列に並んでいたフィリピン人女性が突然警備員から「ニュージーランドの市民権を持っているのか」などと聞かれ、まだ市民権のビザを取得していなかった女性が正直にそう答えたところ、列から外れるようにと言われたのです。彼女は、ニュージーランド人の彼氏と一緒に並んでおり、先着100名以内に入っていたため、オープニング記念の特典としてドーナッツが無料でもらえるはずでした。このカップルは、列を外れる代わりに記念品辞退を申し入れましたが、聞き入れてもらえず、結局彼女は列から外れ、彼氏がドーナッツを買ってくるまでの6時間を車の中で過ごしていたと言います。この件について、ニュージーランドのフィリピン大使館が「非常に残念である」とコメントし、更に「クリスピークリームはもう一つ”K”をつけるべきだ(KKK=白人至上主義)」とチクリとしたコメントも残し話題になりました。
多民族国家で、たくさんの民族が住むニュージーランドでもこのような差別まがいのことが起こってしまうのは非常に残念で、クリスピークリームのグランドオープン以上にたくさんの人々の記憶に残ってしまう出来事となってしまいました。