イモトアヤコが南極大陸最高峰 ヴィンソン・マシフ登頂に成功!

タレントのイモトアヤコが南極大陸最高峰のヴィンソン・マシフ登山に『イッテQ登山部』として参加。登頂の様子が18日の『世界の果てまでイッテQ!登山部 南極大陸最高峰への挑戦3時間スペシャル』で放送されました。

ヴィンソン・マシフは標高4892メートル。南極大陸最高峰の山です。ヴィンソン・マシフに登ることは登山家の中でもかなりの技術を必要とします。またガイドを引き連れてヴィンソン・マシフに登るには大体1人あたり30000ドルがかかるとして、技術があり資金を潤沢に持つ登山家たちの憧れの山の一つとなっているのです。

番組では高山病に苦しめられるイモトアヤコの様子も放送。標高の高いヴィンソン・マシフでの高山病は思考をストップさせてしまい情緒不安定になるような深刻なもの。イモトアヤコは時に泣きながら、フラフラになりながら仲間とともに頂上を目指しました。

今回の登山ではイモトアヤコがクレバスに落下するというかなり危険なシーンも。前後の仲間とロープで繋がれていたため命は助かりましたがロープがなければ命が危なかったかもしれません。番組のスタジオはイモトアヤコの精神力の強さと懸命に山に登る姿に感動している様子。一方ネット上では「こんな危険な挑戦はやめたほうが良い」「いつか誰かが死んでしまうかもしれない」と登山企画自体を心配する声もありました。

体を張って高い目標に挑戦するイモトアヤコ。イモトアヤコの登山技術はむしろもうプロレベルです。ヴィンソン・マシフは誰にでも簡単に登れる山ではありません。だからこそまだ誰も見たことのない映像を視聴者は見ることができるのです。誰も成し遂げたことのないことに挑戦するのは素晴らしいのですが、心配するファンも多いので事故などは絶対に起きて欲しくないですね。