「第90回アカデミー賞」候補に日本人が2名ノミネート!

毎年アメリカの映画芸術科学アカデミーにより発表されるアカデミー賞。第90回を迎える今回のアカデミー賞候補が発表されました。日本人でノミネートされたのは特殊メーキャップアーティストの辻一弘と、映画監督の桑畑かほる。発表は現地時間3月4日となっており、候補者たちの中で誰がアカデミー賞を受賞するのか多くの人々の注目が集まっています。

辻一弘は京都出身のアメリカで活躍する特殊メーキャップアーティスト。2006年にアメリカ映画「もしも機能が選べたら」で特殊メイクを担当。第79回のアカデミー賞でも候補者にノミネートされましたが残念ながら受賞はなりませんでした。続く第80回アカデミー賞でも2年連続候補にノミネートされますがその際も受賞ならず。3度目のノミネートとなる今回は次こそアカデミー賞を受賞するのかどうか期待が高まっています。

今回のノミネートは2017年の「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で担当した特殊メイクが評価された結果。素晴らしいメイク技術やスタイリング技術を披露した人に送られる「メイク・ヘアスタイリング賞」にノミネートされました。

今回のノミネートに対し辻一弘は「非常に光栄です。特に「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のゲイリー・オールドマンさんと一緒にノミネートされたのはうれしい限りです」とコメントを出しています。

ゲイリー・オールドマンと辻一弘はこれまでにも何度も作品を共にしています。今回の辻一弘のメイク担当もゲイリー・オールドマンのオファーによるものだったのだとか。第75回ゴールデン・グローブ賞をゲイリー・オールドマンが受賞した際も受賞スピーチで辻一弘の名前を出して感謝の気持ちを述べています。

果たして日本人候補者の2人はアカデミー賞を受賞できるのでしょうか?結果が気になりますね。