イタリアの闇!マフィアの犠牲者たち!

イタリアではゴッドファザーに代表するマフィアが有名ですが、マフィアによる犠牲者の話を忘れてはなりません。世界の誰も知り得ないような事件がイタリアでは起こっていて、多くの謎に葬られた事件はマフィアが起こした事件とも言われます。文献もなかなかないので、日本語のみで情報を探すことは簡単ではありません。イタリアを旅行するだけでは見られない裏のイタリア、犠牲者3名の事件簿をご紹介します。

ケース1「Moro」

どんな人物だったのか

本名Aldo Romeo Luigi Moroは、ムッソリーニ政権によって解散させられたカトリック政党の流れをくんだ政党、キリスト教民主主義党員として、1963~1968年と1974~1976年の計6年に第38代イタリア首相を務めた人物です。イタリアでは、最も影響力を持った政治的リーダーの一人として歴史的に人気を博しましたが、1978年3月16日The Red Brigadesという左翼テロ組織により誘拐され、55日間監禁されたのち暗殺されました。

狙われるきっかけ

冷戦下では左翼政党が支持を伸ばす中、中道右翼であった本政党は長期的に与党となりましたが、汚職や腐敗により1990年代初頭にはGiulio Andreotti首相がマフィアとの親密な関係を指摘され、党の解散へ繋がりました。Moroが誘拐された1978年には、対立するGiulio Andreottiが首相であり、その内閣がThe Red Brigadesの逮捕者の釈放を拒否したために、Moroは10発拳銃で撃たれて乗用車のトランクで殺され、車ごと山中に放置されました。

イタリアでの奇妙な体験!シチリア島にマフィアが・・・

2018.06.11

ケース2「Carlo Alberto dalla Chiesa」

軍の指揮官として活躍

1974年アオスタにてイタリア軍の指揮官になったCarlo Alberto dalla Chiesaは、1970年代に反テロキャンペーンを実施し、1974年にThe Red BrigadesのメンバーであるRenato CurcioとAlberto Franceschiniを拘束することに成功しました。1982年5月にはシチリア島パレルモの長官に任命され、マフィア第2戦争の解決を任されます。しかし同じ年の9月にはマフィアのボスによって、エスコートと妻と共に暗殺されたのです。

暗殺の理由

Carloが殺された原因は、マフィア撲滅に関わっていただけではなく、Agipという石油会社のトップEnrico Matteiが殺された事件を調査していた、Mauro de Mauroというジャーナリストの死についても調査していたこともあります。これら謎の死は全てマフィアが関係しているとされているからです。Carloの息子であるNando dalla Chiesaはミラン大学の社会学教授となり、反マフィア組織Liberaに所属しています。

60か国旅した私がおすすめする旅先!ガンジス川が流れるインド!

2018.07.21

ケース3「Borsellino」

裁判官Paolo Emanuele Borsellinoは、現在でも反マフィアの闘争シンボルとしてされ、裁判官Giovanni Falconeと共に「この60年間で最も重要な存在、ヒーローであった」と2006年11月13日出版のアメリカの雑誌Time Magazineで紹介されました。

幼少期に育った環境

Borsellinoはシチリア島で生まれ、Falconeも近所に住んでおり、幼馴染として子供の頃から一緒に時間を過ごしていました。しかし、マフィアが居住する地域であり避難勧告も出たくらい危険な地域で、Borsellinoの両親は薬局を営んでいましたが、そこを離れる必要がありました。幼馴染の2人が次に会ったのは同時期に入学したパレルモ大学でした。

裁判官になってから

それから、裁判官になったBorsellinoは上司の指示によって、マフィア関連の業務にあたるようになり、さらに同じ業務にあたる同僚たちがマフィアに殺されていく中で、もはや後戻りはできなくなっていました。彼の最も輝かしい功績の一つが1980年に6名のマフィアを逮捕した件ですが、その年に同じく調査にあたった同僚がマフィアに殺されたため、その殺人事件について調査し、逮捕状を出したので、Borsellinoの身にも危険が及ぶ可能性が大きく警察の保護を受けることになります。

事件が起きる

その後もマフィアに関する調査を続けていたBorsellisnoですが、シチリア島パレルモで車に乗り込んだ際に車が爆発し、死亡。さらに57日後には、カパチにて彼の友人やFalconeも殺されました。47名が彼の暗殺に関わったとされますが、暗殺の全てに関わったメインの人物は、シチリアマフィアのGaspare Spatuzzaだと言われています。

イギリス留学での体験!クラブで遊んだ帰り道に・・・

2018.07.09

イタリアの闇

いかがでしょうか。日本ではほとんど報道もされず、教育現場でもほぼ教えられるこのない現実が、イタリアでは実際に起きているのです。マフィアと政治、宗教の関係は現在でも切っても切れない関係となり、その一方で国民はマフィアについて話すことはタブーとされているのです。観光では見えない、イタリアの闇がここにあります。

イタリアで暮らしでの奇妙な体験!働かない国民性?

2018.07.13
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA