イギリス流バレンタインの過ごし方!愛はカードで伝える!?

もうすぐバレンタインがやってきますね。日本では既にバレンタイン商戦が繰り広げられています。本命チョコに義理チョコ、今では友チョコなども登場しました。自分に対するご褒美にチョコレートを買うという感覚も出始めています。本名チョコを好きな男子に渡そうと思う女子もドキドキですが、世の中の男子もバレンタインもどうしても意識してしまうのではないでしょうか。若いって羨ましいなぁ!なんて思う私はおばさんかもしれません。

イギリスのバレンタインデーとは

 何をあげるのか

イギリスのバレンタインデーについてお話ししたいと思います。イギリスのバレンタインデーは日本とは反対で男性から女性にバラの花束とバレンタインカード送るのが一般的な風習になっています。
バラの花束なんて、さすが英国紳士という感じがしませんか?実際に2月14日には町中でバラの花束を抱えた男性をよく見かけます。スーツを着た男性がバラの花束を抱えて歩いている姿を見るだけで私も幸せな気持ちになります。バレンタインの日には、スーパーや駅構内、街中で簡易的な花屋さんが出現し、1年に「1番高い値段のバラ」を売り出しているのです。

 プレゼントについて

日本の場合、高級チョコレートから有名シェフのチョコレートなどがデパートに並びますよね。バレンタインといえばチョコレート、というイメージが定着しています。イギリスでもバラの花束とカード以外のものを送ることもあります。ハート型の箱に入ったチョコレートもありますが、ロゼのスパークリングワインや鉢植えのバラなど、チョコレート以外のものもプレゼントとしては一般的です。アクセサリーを送る場合もあります。

イギリスのバレンタインカード

 カードを揃えるのが一般的

カード文化のイギリスでは、バレンタインデーには必ずカードを添え、愛を込めたメッセージを書きます。夫婦の場合は「いつもありがとう」「愛をこめて」などというメッセージが一般的です。また、Happy Valentine’s Dayそういうシンプルなものもよく使われています。昔のイギリスでは、名前を書かずに好きな女性にバレンタインのカード送るということが一般的でした。なんだか秘密の恋みたいでドキドキしてしまいますよね。

 お互いにカード交換

日本のバレンタインはあくまでも女性が男性に対して愛の告白をする日として知られていますが、イギリスの場合は愛する人に送ります。例えばおじいさんからおばあさんへ、おばあさんからおじいさんへ、旦那さんから奥さんへ、奥さんから旦那さんへ、みんなでカード交換します。愛の告白をする日ではなく、恋人や夫婦で愛を確かめあう大切な日なのです。とてもロマンチックですよね。
ちなみに学生に関しては、バレンタインは関係ないのかなっていう感じですが、学校で夕方から「バレンタイン・ディスコ」があるので、子ども達なりに楽しんでいます。
高校生、大学生くらいになると、プレゼントやカードを送る男性もいますが、基本シャイで硬派なのがイギリス人です。

 我が家の場合

私の家では夫がイギリス人なので、夫が赤ワインかチョコレート、バラの花束をプレゼントしてくれます。めんどくさいのか恥ずかしいのか、残念ながらカードはある場合とない場合があります。バレンタインが近くなると、「今年は日本式のスタイルにしようか」と冗談で聞かれます。日本式というのは、「僕がチョコレートもらえるんだよね?」という意味になります。笑
バレンタインデーの日は、町中のレストランも予約でいっぱいになります。女性がうんとおしゃれして食事に出かけていくのです。ここは日本も変わりませんね。

ホワイトデーについて

 どのように付き合い始めるのか

日本では2月14日に女性が男性に愛の告白をし、3月14日に男性がお返しをするという日になっています。しかし、イギリスにはホワイトデーはありません。また、女性から「愛の告白をする日」というものもイギリスにはありません。そもそも「付き合って下さい」という会自体がないような気がします。なんとなく一緒にいて友達や親に紹介し、正式にカップルになるというパターンが多いようです。
日本人の私からしてみると、付き合ってるの?本当に彼女なの?!白黒つけた方が良いような気がするのですが…

 一緒にいたいから…

イギリスでは、一緒にいたいから電話もするし、デートもする、という感じです。私たちが結婚する前も付き合おうという言葉はなかったですし、イギリス人と国際結婚した友人たちも、付き合おうという言葉はなかったと言っていました。そのかわり、言葉はなくてもスキンシップや仕草などで愛を感じる事はたくさんあります。イギリス人は恋人やパートナーを一途に大切にしてくれる人が多いような気がします。愛の言葉が欲しいのは彼女だという確かな証拠!と考える女性の欲なのかもしれません。男性にしてみたら「これだけ一緒にいるんだからわかるでしょ?!信じたらいいのに」というのがイギリス男性の考え方です。

愛を確かめあうのは世界共通

確かに日本のバレンタインデーは女性が男性に対して愛の告白をする日ではありますが、夫婦や恋人などの間で盛り上がる日でもありますよね。もしもバレンタインデーに予定があるならば、チョコレートに愛のメッセージを書いたカードを添えてみてはいかがでしょうか。きっと喜ばれるはずです。
私は、今年のバレンタインデーはガトーショコラでも焼こうかなと考えています。バレンタインデーの日にレストランに行かないカップルは男性が料理を作ってくれる可能性もあるかもしれません。なんて素敵な日なんでしょう。

皆さんにも素敵なハッピーバレンタインデーを!Happy Valentine’s Day!