ニュージーランドニュース!オバマ元大統領がNZを来訪し国鳥キーウィを目にする

3月も最終週に入りましたね。日本では春の訪れに伴い、全国各地で桜が見頃を迎えているようですね。実は桜はニュージーランドでも見ることができます。見頃は冬の終わりである9月下旬から10月始めあたりです。日本のように、各地にたくさん植えられているわけではないので、桜を鑑賞できる場所は非常に限られていますが、多くの方が桜を見るのを毎年楽しみにしています。そしていよいよイースターの季節がやってきました。今年のニュージーランドのイースター休暇は、イエス・キリストが処刑された日とされるグッドフライデーの30日から始まり、31日の土曜日(この土曜日には特に名前はありません!)、復活した日であるイースター(4月1日)、そして翌4月2日のイースターマンデーまでと4連休になります。このイースター休暇は月の満ち欠けによって決まるので、毎年変わり、少し前後します。イースター当日の日曜日は基本的にお店はどこもお休みなので、連休前にはたくさんの方が買いだめしていきます。休暇中は何をするのかというと、キリスト教の一大行事でもあるので、信仰深い方は教会へ、小さなお子様のいる家庭などでは庭にチョコレートなどでできた「イースターエッグ」を隠し、みんなで探すエッグハントをしたりします。

 オバマ元大統領がニュージーランドへ!

アメリカ第44代大統領であるバラク・オバマ元大統領がニュージーランドを訪れました。21日夜にプライベートジェットにて、オークランドへ到着したオバマ氏。到着前から、ニュージーランド国内では「オバマ氏にニュージーランドで一体何を食べてもらおうか」などとテレビでも話題になっていました。そんなオバマ氏はニュージーランドにてジャシンダ・アーダーン首相と幅広い分野について会談し、特に現在妊娠中であるアーダーン首相は育児と仕事に関することもオバマ氏に質問するなどしました。ニュージーランド滞在中にオバマ氏は、ニュージーランド前首相のジョン・キー氏とプライベートゴルフ場にてゴルフも楽しんだ様子でした。ゲームではオバマ氏はキー氏に惜しくも負けてしまいましたが、キー氏によれば、オバマ氏は非常にリラックスした様子でゲームを楽しんでいたとか。初めてのニュージーランド訪問をオバマ氏は気に入ったようで、「また帰ってきたい」ともキー氏に話していたそうです。ゴルフの後には、ニュージーランドの国鳥であり、絶滅危惧種にも指定されている「キーウィ」にも初めて目にしました。今回の訪問ではオバマ氏は一切メディアに対してコメントはせず、その詳しい動向はあまり公にはされていませんが、3日間の滞在を楽しんだことは間違いないようです。

エド・シーランのワールドツアー開幕!NZへ

イギリスの人気シンガーソングライターであるエド・シーランがワールドツアーにて、ニュージーランドを訪れており、コンサートツアーを24日から開催中です。今年初のニュージーランドでのツアーは、北島のオークランドにて3日間、南島のダニーデンにて3日間開催されています。ツアー初日で、エドはライブ前のスタジアムにてニュージーランド先住民族である「マオリ族」の伝統的な歓迎を受けました。実はこれはエドの希望によるもので、初めてのマオリ族の洗礼を体験し、お礼に自身のサイン入りのCDアルバムをプレゼントしました。最初の3日間のコンサートが行われたオークランドでは、スタジアムに集まった総勢14万人ものファンを魅了しました。コンサート当日は、多くのファンが会場にいち早く着こうと押しかけ、周辺道路は大きな渋滞に見舞われました。なんと追突事故も起きるほどでした。29日からは南島のダニーデンでコンサートが開催されますが、チケットはほぼ完売しておりオークランド同様に熱く盛り上がること間違いなしです。ニュージーランドツアーを終えたあとは、フィリピンのマニラにてコンサートを行い、その後は日本でのツアーが東京・大阪にて開催されます。ニュージーランドは日本より一足早いツアー会場となったようです。

カジノ業者が最低賃金値上げへ!

オーストラリアにも支社をもち、カジノも運営するニュージーランド大手のエンターテイメント会社「スカイシティ」の最低賃金の値上げが決定しました。ニュージーランドでは年々最低賃金が値上げされており、現在では時給16.5ドル(およそ1270円)ですが、この先の2年で一気に3.5ドルもアップします。今回の最低賃金値上げにあたり、スカイシティの最高経営責任者であるステファン氏は「ニュージーランドでは物価も高く、生活する上でのコストがかかるのに、ホスピタリティの業種の賃金は低く設定されている」と指摘し、「お客様に直接関わる業種として、スタッフのみんなにはハッピーでいてもらいたい。その結果がビジネスをもっと向上させる」とコメントしました。時給20ドルは、日本円でだいたい1540円ほどで、ニュージーランドでは、日本のように「アルバイト」や「正社員」などの区切りがなくほとんどの仕事が時給制です。最近では、ニュージーランドにおける看護師や助産師たちの給料が低いと物議を交わしており、今回のスカイシティの動きを皮切りとして様々な企業が賃金アップをしていくことが見越されます。