韓国の人気俳優 イ・ミンホが軍事訓練所へ入所へ 

韓国版「花より男子」に出演しF4の道明寺役を演じた韓国の人気俳優イ・ミンホ。彼の所属するMYMエンターテイメント関係者がが11日メディアに対して「イ・ミンホは15日に論山軍事訓練所に入所することになった。4週間の基礎軍事訓練を受ける予定です」と明らかにしました。

韓国の男性は満18歳から徴兵の義務があります。18歳の時に軍事訓練所に入る人もいれば18歳の時に徴兵検査を受け兵役の対象になるかどうかを判断する人もいます。徴兵検査では心理検査・身体検査・適性検査を行い心身ともに健康で兵役に耐えられるかどうかを検査するのです。

イ・ミンホは今年30歳。どうしてこの時期に訓練所への入所が決まったのでしょうか。実はイ・ミンホは2016年5月に交通事故に遭い、太ももと足首の骨を折る大けがを負っていたのです。それにより国から兵役として訓練を受けるのではなく、社会服務要員として国防の仕事につくようにと命じられていました。今回イ・ミンホはこの社会服務要員から軍事訓練所に移動することになったのです。

イ・ミンホは今回の4週間の軍事訓練を終えてからはまた社会服務要員に戻る予定です。彼の働く社会服務要員はソウル市内にある水西総合社会福祉館。服務は2019年5月までなので来年の5月には召集解除となり除隊が言い渡される予定です。

韓国の芸能人やスポーツ選手には「体重過多」「脱臼」「高血圧」などを理由に兵役から逃れようとする「兵役逃れ」が横行しているそうです。その点イ・ミンホはきちんと兵役の義務を果たしており、韓国のファンからしたらそれは評価できるポイントかもしれません。

ファンにとってはあと1年イ・ミンホの芸能界での活躍が見られないのは寂しいですが、彼が芸能界に戻ってくるのを楽しみにしているファンも多いです。