台湾出身のタレント インリンの長男がドッジボールで前歯を折った!?

インリン・オブ・ジョイトイは台湾台北市出身のタレントです。歌手・女優・アーティストとしても活躍する彼女は、3日のブログで長男がドッジボールをしていてボールがぶつかり歯が2本も抜けてしまったことを明かしました。

インリン・オブ・ジョイトイは1976年生まれです。台湾にいた頃は金城武と同じアパートに住んでいて、幼馴染だったんだとか。金城武に憧れて芸能界を夢見ていましたが、金城武には全く相手にされなかったそうです。インリン・オブ・ジョイトイは10歳の時に日本に移住。それ以来日本で暮らし、日本で芸能生活をスタートさせました。

2008年にはデザイナーの日本人男性と結婚。2010年に第一子となる男の子を出産しています。今回ドッジボールで前歯を折ってしまった子がこの子ですね。その後2013年には男の子と女の子の双子を出産。現在は3人の子供を持つお母さんとして、台湾式リラクゼーションサロンもオープンし忙しい日々を送っています。

インリン・オブ・ジョイトイはブログで歯が2本折れた長男を歯医者に連れて行ったことも報告。「『とっても健康的な歯!』って言われ本当に驚きました。歯磨きが大嫌いで飴やフルーツが大好きなのに、虫歯がないのは本当に奇跡だと思っています」と明かしています。

今回前歯の折れた長男は、乳歯が2本まとめて抜けたことを喜んでいるそうです。痛かったかも知れませんが、一気に乳歯が抜けてスッキリしたのではないでしょうか。

しばらく表舞台から姿を消していたインリン・オブ・ジョイトイですが、子育てをエンジョイしているようです。子どももまだ小さくて可愛い盛り。ドッジボールで歯が抜けるのは驚きですが、抜けた歯を見せながら微笑む長男の写真をアップし幸せそうな日常を報告しました。