アメリカのカーリング男子チームがかわいそう!?待遇が不遇すぎる?

平昌オリンピックも閉会式を迎え選手がそれぞれの国に帰国しています。日本では平昌オリンピックでメダルを取ったメダリストたちを暖かく迎え盛大な記者会見も行われましたが、アメリカではどうやら様子が違うようです。今回そのかわいそうすぎる待遇をアメリカ芸能サイト「TMZ」が伝えました。

アメリカ初の男子カーリング金メダルを獲得したアメリカのカーリング男子チーム。カーリング男子決勝戦ではスウェーデンチームを10対7で負かし見事金メダルを獲得しました。アメリカのカーリング男子チームがオリンピックで金メダルを獲得するのは史上初。オリンピック開催時の世界ランクは1位カナダ・2位スウェーデン・3位ノルウェー・4位アメリカという成績でしたが、アメリカがオリンピックで格上のチームに勝利したのです。これは実に賞賛に当たる快挙でした。

事件はそんなアメリカのカーリング男子チームの帰国時に起こりました。カーリング男子チームUSAは帰国時ツイッターに「わがオリンピックカーリングチャンピオンが帰国するよ。エコノミーからビジネスにアップウレードしてくれるかな?」と帰国時に搭乗するデルタ航空に向けたアップグレードのお願いを投稿しましたがそれに対してデルタ航空側は「搭乗ありがとうございます。アップグレードできる席はないのですが、搭乗をお待ちしております。ご利用ありがとうございます」とかなりそっけない返事。これに対してネット上では「デルタ航空ひどい!」との道場の声が広がっています。

アメリカのカーリング男子チームは表彰式で女子のメダルを間違えてかけられるというハプニングにも見舞われています。なんだか不運続き!?のアメリカのカーリング男子チーム。帰国後何か良いことはあったのでしょうか?