世界で見つける日本!タイにはこんなにあった日本のかけら。

タイは、世界でも最も日本に触れる機会に多い国と言っても過言ではありません。バンコクなんか歩いてみると、日本語は聞こえてくるは、日本語の看板はよく見つけるは、居酒屋含め日本食レストランがそこら中にあることがわかります。そんな日本で溢れたタイで発見する日本のかけらを、今回はご紹介しようと思います。

セブンイレブンに並ぶ日本製品の数々

 店内に入ると。。

様々な日本製品を一気に発見できるのは、ここ。セブンイレブンです!タイでは、みんなセブンと呼んでいます。冷えピタクールに始まり、かっぱえびせん、ソフィの生理用品、トッポやコロン、コアラのマーチ(タイでは、英語にしてもそのままのKoara’s marchという表示)などのお菓子、ツナ入りおにぎり、伊藤園のおーいお茶、ジャスミン茶、ブルガリアと明治のヨーグルト、バニラ最中アイス、小豆アイス、宇治抹茶バニラアイス。。。ジャパンが尽きません。タイのセブンイレブンは日本と同様に商品が陳列され、しかも商品の多くがこのように日本で溢れているので、セブンイレブンにいる時ばかりは、日本にいるかのような錯覚を覚えます。タイと言ってもバンコクが種類の多さは圧倒的です。

 なんといっても需要がある

海外には、よく日本まがいの商品ってたくさんあると思うんです。しかもとても安い値段で。タイにももちろんあります。例えば、ハッピーターンというお煎餅日本では人気ですね。これがタイでは、どうぞ、という名に代わって、ハッピーターンと同じ形で色んな味で販売されています。たこ焼き味、チーズ味、海苔味、タロイモ味などなど。やはり質はハッピーターンには負けていますが、でも癖になるおいしさに変わりはありません。ですが、ここで言いたいのは、そのまがいものに負けず本物の日本製品がここまで流通しているすごさです。タイに住んで約2年の私は、タイ料理には満たすことのできない味覚を、いつもこのセブンイレブンに満たしてもらっているのです。もちろん、タイには在住日本人が4万人いると言われているので、需要はたっぷり。それプラス、タイ人の日本好きが功を奏して、セブンイレブンでこれだけの日本製品を取り入れることができるのでしょう。

スーパーマーケット

 マックスバリュー

タイバンコクにはマックスバリューがあるのです!しかも、国内に78店舗も。看板のデザインもピンクで日本と同じようなもの。陳列の様子も同じ。一般のタイのスーパーでは購入しにくい、日本製のお酒、加工食品、調味料、冷凍食品が手に入ります。ここに行けば簡単に日本食を作る食材が集められます。また、自社ブランドのTop Valueもあり、日本製のもの、タイでしか流通していないもの、タイ製で日本にも輸出しているのものの、3種類があるそうです。日々の食事は海外にいると特に大切ですので、日系のスーパーがあることは本当に助かります。

 フジスーパー

日本製品が多く売っているスーパーが他にもあって、それがこのフジスーパー。バンコクに4店舗あります。全店スクンビット通り沿いにあり、主にプロンポンエリアに集中しています。1号店においては、最大規模でしかも日本人も常駐しているそうで、駐在妻御用達のスーパーであることは間違いありません。そこら中日本語だらけのスーパーにここれでも、日本にいる錯覚を起こします。

日本食チェーン店

 お店により方向性はバラバラ

大戸屋、吉野家、ココイチ、やよい軒、一風堂など、バンコクには日本食チェーン店がずらりと揃っています。でもだからと言って、お店により日本と比べて何ら遜色ない味であるお店もあれば、えっ!と驚くメニューを取り入れているようなお店もあり、その方向性は様々なのです。例えば、大戸屋は比較的日本と同じスタイルを守っていると思います。それに対して、やよい軒は日本人から見ると、ちょっとおかしなメニュー、スパゲッティの上に乗るタコ入り餃子なんてものもありました。もはやイタリアンなのか、たこ焼きなのか、餃子なのか得体のしれないもの。。。

 チェーン店ブームの理由

このように多くのチェーン店が進出するようになった理由の一つには、2013年7月に日本入国にて観光目的のタイ人のビザ免除となったことがあります。多くのタイ人が日本へ旅行するようになり、タイでも日本の本物の味を味わいたいという声があがりました。値段は同じくらいかタイの方が若干高めなので、屋台で一食200円程度のタイで、一食1000円以上する日本食は高級食と言えます。

点在する「Japan Quality」

日本に対する多くのタイ人のイメージは、日本製は品質がいい、ということです。様々な製品にJapan Qualityと書かれたシールが貼られていて、これがあることで、イコール高品質の製品であることを謳っています。その製品は、電気製品に始まり、化粧品、食品など至るところで発見できます。日本人としては、良いイメージで製品が売られるのであれば嬉しいことに間違いありませんよね。そして、こうやってタイで多くの日本製品が売られていると、タイ在住の私の日本を恋しい気持ちは薄れるので。。。バンコクは特にいい環境だと思っています。ぜひみなさんもタイでその実情見てみてくださいね!

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA