海外での仕事といえば日本語教師!?日本文化も身に付けて

海外で仕事をするならば、日本語教師になりたいと思う人もいるかもしれませんね。確かに日本というのは物理的には小さな国ですが、政治経済的には非常に強い国であり、だからこそ日本語というのは意外に重要が多いのです。日本語教師が不足している国もあると言われています。それならば、海外で日本語教師になる事は可能なのでしょうか。

日本語教師になるために大切なこと

 既に現地に住んでいること

日本国内で日本語教師になろうと思うと、意外に収入が少ないということに驚いたことがある人もいるかもしれません。というのは、日本語教師はほとんどが非常勤だと言われています。確かに常勤の教師もいますが、日本語学校という形態の都合上、日本語教師は時間単位でお給料もらっている非常勤が多く、よって日本語教師の仕事だけで生計を成り立たせるというのはなかなか難しいものでもあるのです。
これは海外でも同様です。時間単位でお給料もらうという事は収入がそこまで多いというわけではなく、なおかつ非常勤という状態ではビザを発給してもらうことができません。そのため、海外で日本語教師になろうと思ったら、そこに実際に住んでいるということの方が大切になる可能性があります。

 免許

海外のどのような学校で日本語を教えるかにもよりますが、例えばそれが日本語学校の場合、日本で通用する日本語教師の免許が求められる可能性があります。
日本語教師というのは、日本国内においては日本語教育能力検定試験に合格しているか、日本語教師養成教育機関で420時間以上の過程を履修しているか、ということが大切になります。日本における日本語学校は、このような条件を満たした人を採用することが多く、海外であっても日本語学校の場合はこの条件が重視されます。

中国での職探しと就労ビザの実情(前編)

2017.07.12

海外の高校や大学で日本語を教えたい!

 政府が講師を派遣している場合

海外で日本語を教える場所は、決して日本語学校だけではありません。国によっては高校や大学で日本語教育を行っている場合もあります。
しかし、特に日本語の授業がある国の場合、政府が講師を既に派遣している可能性も考えられます。例えば、中国は意外に日本語を勉強したいと思う人が多いのですが、日本政府が中国の学校に専門の日本語講師を派遣しており、だからこそ中国国内で日本語教師としての学校での仕事を探そうと思ってもなかなか見つかるものでは無いのです。

 海外での教員免許

国によっては、その国で教えるためにはその国の大学を卒業し、教員免許持っていなければいけないという場合もあります。例えばアメリカの場合、公立の学校で教えるためには絶対にアメリカの教員免許が必要です。私立ならば教員免許を求められません。
例えば、カトリック校の場合は修道女たちが授業をすることもありますが、修道女全員が免許を持っているというわけでは無いのです。そうなると、海外の高校で日本語をしようというのはなかなか難しいかもしれません。

沖縄の米軍基地でのホームステイは奇妙なことの連続!ここは日本 or アメリカ!?

2017.09.22

専門分野を持っておく

 得意な日本文化

海外で日本語を教えたいと思うのであれば、ただ日本語を教えられるというよりは、何かしら得意な日本文化を身に付けておくと良いかもしれません。というのは、ただ単に日本語を教えるだけならば、日本で留学をしていたその国の人でも充分問題は無いのです。日本人だからこそ教えられるものとして、日本文化を身に付けておくと良いでしょう。
また、歴史が好きならばそれでも構いません。日本の歴史が好きでよく知っている、言葉がどのように成り立ったのか勉強したことがある、などという経験は仕事を探す上で重要になります。

 その国の言語が話せると尚良し

日本語が話せない相手に日本語を教える場合、日本語で授業をしていくという教授法がありますから、別に現地の言葉が使えなかったとしても、特に日本語を教える上では問題はありません。
しかし、他の同僚とチームになり、一緒に働くということを考えると、やはり現地の言葉がしゃべれたほうが求職上は有利と言えるでしょう。その方が打ち合わせなのでも苦労しませんから、現地の言葉が話せる日本人と話せない日本人が同時に応募してきた場合、現地の言葉が話せる人の方が優遇されるのは当たり前のことです。

日本にいながら英語力をアップさせる方法!外国人が好む話題を準備する!

2017.08.27

人脈を広げることも大切

実は、日本語教師の仕事というのはどこに転がっているかわかりません。もちろん、人脈を広げたからといって海外からオファーが来るとは限りませんが、もしも既に海外に住んでいるならば、人脈を広げることによって「日本語を教えて欲しいんだけれど」と声がかかることも皆無とは言えないからです。
しかし、そのためには「日本語を教えてくれるかもしれない日本人がいる」という噂が必要です。だからこそ、多くの人と仲良くなり、人脈を広げておく必要があるのです。
また、現地で働く場合は就業ビザが必要になる可能性もありますから、仕事があるならばビザの事についても調べておきましょう。日本国内であれば何も考える必要はないことであっても、海外に行けば事情は変わるのです。

中国人男性と国際結婚して感じたカルチャーショック⑤ ~ プロポーズされたけど日本永住ビザが欲しいからかなと不安になった!?

2017.10.01