アメリカ人男性と日本人男性の違いとは?

映画やドラマに出てくるアメリカ人男性の言動は、日本人男性とは異なる部分が多くありますが、実際のアメリカ人男性はどのような人が多いのでしょうか?前回はアメリカ人女性と日本人女性の違いについてご紹介しました。今回は、アメリカの共学の大学に通いアメリカ人男性と結婚した筆者が、アメリカ人男性と日本人男性の違いについてご紹介します。

草食系 vs 肉食系

日本では最近草食系男子と呼ばれる、恋愛に消極的な男性が増えています。自分から女性に声をかけない、シャイ、受け身、などと言われている草食系男子たちですが、アメリカでは草食系男子の数は圧倒的に少なく、男性の多くは積極的でフレンドリーな肉食系です。

 草食系は理解されない

筆者が大学で人口統計学の授業を受けていた時、日本の出生率の低さの話題になりました。クラスで唯一の日本人だった筆者はディスカッションで、日本は他の先進国に比べて恋愛していない若者の数が圧倒的に多い、という統計データについて話しました。そこで、例として草食系男子を紹介したのですが、クラスメートの多くが「日本にはそんな男がいるのか!」「どうやったらそういう男性に育つの?」と驚いていました。

女性に立てられる vs レディーファースト

「三歩下がって男性の後ろを歩く」というのは少し古い表現ではありますが、日本では女性はまだ女性が男性を立てるべきだという文化があります。ですので、日常的にレディーファーストを行い積極的に女性を優遇する日本人男性は少ないです。一方アメリカではレディーファーストは男性のマナーの基本です。

 力仕事はやっぱり助かる

留学してまもない頃、筆者はまだアメリカ人の男友達が少なく、シェアハウスのハウスメイトだった現在の夫が、当時は初めて仲良くなったアメリカ人男性でした。土地勘もなく、初めて親元を離れてアメリカで不安に暮らしていた筆者を気遣って、当時の夫はダウンタウンやスーパーマーケット、ランドリーなどを案内してくれました。その際、改札を通る時や電車に乗る時は必ず先に入れてくれたり、建物に入る時に重いドアをサッと開けてくれたり、買い物の後も当然のように大きい荷物を持ってくれました。

 自然と身についている

日本では自然にレディーファーストができる男性は少ないので、それに感動し当時の夫を好きになるきっかけになったのですが、後になって他にもアメリカ人の男友達が増え始めると、みんな同じように女性に対してレディーファーストをしていたのでした。飲み会で遅くなったときは家まで送ってくれたり、大皿の食べ物を女性みんなに取り分けてくれたりです。そこで初めて、夫に限らず人並みのアメリカ人男性ならみんなレディーファーストを自然にできるのだと知りました。

シャイ vs 愛情表現が豊か

日本人男性はシャイな方が多いので、普段から彼女や妻に対して「愛してる」「綺麗だね」などと愛情表現の言葉を言う人は少ないです。また、空港などの公共の場でキスやハグをする人も少ないです。一方アメリカ人男性は愛情表現が非常に豊かです。

 ちょっと恥ずかしいですが

アメリカではカップル同士でダブルデートやトリプルデートをすることが頻繁にあるのですが、友達カップルの多くはお互いのことを「Sweety」「Baby」「Babe」などの愛称で呼んでいて、歩くときは当然手を繋いでラブラブでした。
その日、グループの一人の男性が用事があって先に帰らなければいけなかったのですが、帰るときに「Hey babe, I have to go now. I’ll text you later. Love you.(ねえベイブ(=可愛い赤ちゃんという意味の愛称)、俺そろそろ行かないと。あとで連絡するよ。愛してる。)」そして最後にみんなの前で彼女にサッとキスをしました。日本語に訳すと恥ずかしくて赤面しそうですが、アメリカ人男性にとってこの程度の愛情表現は当たり前で、日本でいう「じゃあね」くらいのノリで自然に言います。

映画に出てくる恋愛シーンは意外と現実的

ハリウッド映画などで男性が女性にレディーファーストをしながら、素敵な愛情表現をするシーンがよくありますが、あれは映画の中だけの話ではありません。もちろん、アメリカ人男性だからと言って全ての人が肉食系で、レディーファーストができて、愛情表現が豊かである訳ではなく、中にはシャイな男性もいます。ですが日本人男性と比べると圧倒的にそういう人は少ないです。
しかしこれは文化の違いなので、どちらの方が良い悪いということではありません。露骨な愛情表現をしない寡黙な日本人男性や、女性の三歩先を歩いて堂々としている日本人男性も素敵です。ただ、日本人男性がアメリカで生活する際には、失礼な男性だと思われないよう、最低限のマナーとしてレディーファーストには気をつけるべきでしょう。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA