60か国旅した私がおすすめする旅先!大自然があふれるアイスランド

アイスランドというとみなさんは何を思い浮かびますか?アイスランドがヨーロッパなのはわかるけど、実際は地図上のどこに位置するかわからないという方が多いかと思います。アイスランドはイギリスからさらに北側の地球のてっぺんに近い島国です。もちろん、ものすごく寒い国です。首都はレイキャビック、EUには未だ加盟していません。他のどの国よりも遠く孤立したような存在が人々を魅了するのか、アイスランドは他の国には決して見られない特別な場所でありました。 

大自然

 アイスランドの自然は素晴らしい!

一番この国で感動したのが大自然です。それは、他の国で見られるような多種多様な動植物や綺麗な海とは規模が違います。地球は丸いということ、そして、この地球は私たちと同じく生きているということを実感させられる場所です。北海道と四国を合わせたくらいの面積に約33万人しか住んでいないので、どれだけ大陸を肌で感じられるかが想像できるでしょうか。とにかく広く、見渡しという見渡しが良すぎて、何の障害物もなしに地平線が丸くなっているのが見えるくらいです。車を走らせても走らせても自然。陸、海、山。。。いかにも恐竜が出てきて、車に並走してきそうな雰囲気。きっと、恐竜時代もこんな景色だったのだろうと想像しながら車をさらに走らせます。地球のほぼてっぺんに位置するため、日の出と日の入りの時間が日本とは格段に異なり、私が旅した1月は、4~5時間だけ明るく、夏は逆に21時間ほど明るいときもあるようです。自然には勝てない、むしろ自然に生かしてもらっていることを逆に感じられる瞬間です。気づくとあっという間に暗くなって、あれ、さっきお昼ご飯を食べ終わったばかりのような。。。という感覚ですが、太陽はそんなこと気にせずに沈んでしまいます。

 アイスランドで楽しめるもの

でも沈んでも楽しみがたっぷり残っているのが、アイスランド。それは、素敵なバーでもクラブでも、スポーツ観戦でもありません。それは、満天の星空とオーロラです。なんだか、小さいことで悩んでいた私がすごくちっぽけに感じましたね。地球もこうやって頑張って生きているのに、何をくだらないことを考えていたのかと。技術発展した日本が失ってしまったものを、見られた気がしてしばらくぼーっと何も考えずに上を向いていました。真っ暗な絨毯に広がる煌々とした光に吸い込まれるそうな感覚も覚えました。でも自然って、本来はこういうものだったんだな、と感じました。それが人間が創り出した人口の灯りで、便利さと引き換えに星が見られなくなって、だんだんあるべき自然が特別なものになってしまった。これはぜひ、より多くの人に体験してもらって、今後地球人としてどうやって過ごしていくべきかを今一度考える良い機会にしてもらいたいです。

ヨーロッパ人を一括りにしてはいけない

2017.03.17

自然の恩恵

 

 アイスランドの水

自然は、人間の生活に欠かせない水、食料、木材を生み出し、現代の生活にも役立っています。自然をとても身近に感じられたのが、ここアイスランドです。まず、水。水道水は無料です。ペットボトルの水も水道を流れてくる水も同じものだというのです。確かに水道水すごくおいしかったです。これだけあまり不便なく暮らせる国で、無料の水道水が飲めるのは何か変な気もしますが、これが自然と共に生きる国の証拠ですね。

 アイスランドの温泉

そして次に、温泉。火山活動が活発な地域であり、氷河が多く存在するため、地熱発電による温泉が数多くあります。私も、人気な温泉施設の一つ、ブルーラグーンという野外の温泉に行ってみましたが、大自然の中で入る温泉は最高です。もちろん、日本の温泉は世界一だと思いますが、アイスランドの温泉は見える景色の規模が違うのと、温泉に入っている人が西洋人ばかりなので日本の温泉とは少し違った感覚が味わえます。

 アイスランドの食べ物

最後に、食べ物。日本ではあまり見かけないような食べ物はどの国でもあるかと思いますが、この国ではクジラを堂々と商業的に宣伝し、スーパーでも手に入るし、レストランでも簡単に食べられます。日本では、国際的な圧力もありクジラの捕獲が制限され、今ではほとんど見られなくなりましたが、小国のアイスランドでは事情が違うようです。

海外旅行は五感を刺激する最高の体験!

2017.03.23

最後に

アイスランドの魅力はとにかく自然であり、これは実際に自分の目で確かめなければ伝わりにくいかもしれません。人気の旅行先であるフランスやイタリアへ行くのもいいかもしれませんが、もうそこは誰しもが行ったことのある場所となりました。そんな中でも、まだまだマイナーな国ってたくさんあって、その中でも人に自慢したくなるように素晴らしく綺麗で自然に圧倒される国は間違いなくアイスランドです。一度、騙されたと思って訪れてみてください。自然に対する見方が変わることでしょう。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA