ブラジル人との結婚と現地での生活⑤~日本の長所と短所

ブラジルのサンパウロ在住です。日本国内にいるとわからないような日本の良さや悪さに気づくことがあります。ここでは、ブラジルで気づいた日本の長所と短所についてお話しします。

日本の長所

 国民皆保険

なんといっても、日本の良さのトップはこの保険だと思います。ブラジルには公共ならば無料で診察を受けられる診療所がありますが、施設や機材が古く、利用者がとても多いためにいつも混雑しており、朝早く、診療所が開く前から長蛇の列ができています。具合が悪い時に何時間も立って待つなんて、できたものではありませんよね。また、MRIやCTなどの検査技術や機械も少なく、画像診断やレントゲン、超音波が主流であるため、検査自体もなんとなく心配です。

しかし、私立の病院に行くと利用料が非常に高くなってしまい、何らかの医療保険に加入していないととても支払えたものではありません。しかし、この医療保険の加入がまた家計を圧迫するのです。

日本に住んでいれば、国民健康保険や厚生年金保険等に加入し、安く診察や検査を受けることができます。どこの病院にかかるかも自由に選択できますし、本当に素晴らしいです。一度でも海外に暮らしたことがある人ならば痛感している日本の良さだと思います。

 行政サービス

ブラジルの行政サービスは、とても発達しているとは言えません。例えば、育児休暇中や病気などで長期にわたって休業した時、その間の生活費は保証してくれるという制度はないのです。生活保護などの制度もありませんし、だからこそ家族や近所が協力して生活していくという習慣があります。

日本では生活保護や母子手当て等の行政サービスが充実していますよね。また、産休や育休も保障されており、素晴らしい国だと感じています。

 町全体の清潔さ

ブラジルでは、至る所にゴミが落ちている様子を見かけます。サンパウロは亜熱帯地域ですから、腐敗臭にさいなまれることも少なくはありません。犬を放し飼いにしている人も多いため、糞もあちらこちらに落ちていますし、万が一踏んだとしても、誰のせいにもできません。踏んだ人が悪いのです。

また、我が家の近くを流れるチエテ川の支流にもゴミがたくさん落ちています。サンパウロでは下水道が整備されていないため、生活排水がそのまま川に流れ込んでしまい、川沿いは悪臭に満ちています。とても息ができたものではありません。

日本は清潔面をとても重視しますし、地域清掃などの形で河川敷等の掃除もしますよね。下水道も完備されていますし、衛生面において非常に発達した国だと思います。

 礼儀を重んじるところ

日本の礼儀は素晴らしいものです。例えば、ここブラジルでは電話がかかってきたときに相手から「あなたは誰?」聞かれてしまうことがあります。日本ならばありえないことですよね。ブラジルでは、仕事の無断欠勤なども日常茶飯事です。

娘のお友達の中にも、挨拶やお礼等がきちんと言える子は日系の子が多いというイメージがあります。さすが日本人の礼儀正しさは良いなぁと感じ、日本が恋しくなります。

ペルー人と結婚した20代女性の恋愛日記③~外国人のI love youとキス!

2017.04.29

日本の短所

 人と人とのつながりが希薄

日本人は基本的に忙しすぎるところがあると思います。特に都会に住むと、隣に誰が住んでいるのかわからないということもありますよね。

しかし、ブラジルにはそのような問題がありません。普段から挨拶などのご近所付き合いをすることにより、お互いに顔見知りになり、知らない人がいればすぐに気づくことができます。これは防犯上大変役立ちます。今はブラジルでも携帯が普及していますが、三度の飯よりもおしゃべり好きというのがブラジル人の特徴です。

 家が小さい

もちろん、日本とブラジルは土地面積が違います。ブラジルは世界で第5位の面積を誇る国ですから、やはり土地がある分、家が大きくなります。今私たちは日本でいう2DKくらいのアパートに住んでいますが、夫にとってはこの家はとても狭いようです。

以前住んでいた主人の実家はトイレが5つありました。寝室は3つ、エントランスには花壇があり、犬を放し飼いにするスペースがあって物干し場がありました。外回りだけで今の家がすっぽり収まる位の広さです。1日1カ所ずつ掃除をしていかないといけないような広さでした。

 固定観念に囚われている

お弁当のスタイルは、どこの国であってもその国の特徴を表すと思います。日本の場合、おかずカップやバランなどでご飯とおかずを押し切りますが、ブラジルのお弁当はガーリックライスの上にお豆を煮込んだものを隙間なく乗せただけでもOKなど、比較的決まったスタイルがありません。
私はこのお弁当のスタイルの違いにこそ、日本とブラジルの違いを物語っていると思っています。

日本人は規則やルールを重んじる傾向にあります。ブラジルにも一応ルール等はありますが、気にしていない人の方が多いかもしれません。

フランス生活20年!パリ通信⑩ フランス人にとっての日本文化

2017.12.31

ブラジルは時間の流れがゆっくり

全体的に、ブラジルは古き良き時代の日本を思わせるような、どこか懐かしい感じがします。日本人が忙殺され、忘れてしまった何かがある気がするのです。

私が初めてブラジルに来た時、時間の流れが非常にゆっくりだと感じました。このゆっくりとしたブラジルの空気に慣れてしまったら、いつか日本のあの忙しい日常に戻れるのか、とっても不安です。

フロリダのディズニーワールドと東京ディズニーランドの違い!

2017.12.29

多民族国家のミャンマーで採用の仕事をして考えたこと!

2017.12.13