クレイジー!マラソン川内優輝選手が大逆転でボストンマラソン優勝!

ボストン・マラソンの男子の部で初優勝し笑顔でトロフィーを持つ男性。そう、16日の試合で見事優勝を果たしたマラソン男子の川内優輝選手です。日本人男子がボストン・マラソンで優勝したのは1987年大会の瀬古利彦選手以来31年ぶりのことです。

当日のボストンは強く冷たい雨の降る悪天候。川内優輝選手はスタートから猛ダッシュし他の選手たちから大きく距離をとります。その後一度は後続を走る先頭集団に追いつかれるものの2番手集団として粘り強く先頭集団を追いかけます。

風向きが変わったのは35キロ過ぎ。1人で先頭を独走状態だったケニアのキルイ選手を川内優輝選手が猛追。1分30秒ほどあった差を一気に縮め残り2キロ地点でなんと逆転。そのまま先頭でゴールテープを切りました。テレビ解説員からは「Amazing!」(素晴らしい!)「unbelievable!」(信じられない!)の嵐。川内優輝選手も両手をあげ声にならない声をあげました。

川内優輝選手のマラソン人生は決して平坦なものではありませんでした。以前は日本代表争いに疲れ果て走ることの楽しさを見失ってしまったり、埼玉県秩父での山間トレーニング中に遭難して死を覚悟したり、勤務する埼玉県庁に「バカ公務員。2度と走るな」という手紙が送られてきたこともありました。

試合後のインタビューでは「前だけ向いて走りました。それが勝利に繋がったんだと思います」と語った川内優輝選手。インタビュアーから「コンディションは最悪でしたか?」と問われると「僕にとっては最高のコンディションでした」と笑って答えました。

異色のマラソンランナー川内優輝選手。今日も埼玉県庁に登庁し職務についているのでしょうか。彼の快進撃は今始まったばかりなのかもしれません。今後にも期待です。